自律神経のバランスを整えることで腸内環境も整えましょう!

起床後の女性
2017.6.2

便秘は、食物繊維の不足や運動不足だけが原因ではありません。

「自律神経」のバランスが乱れることでも起こりえます。

まずは、「自律神経」を構成する2つの神経の働きを見ていきましょう。

日中活動しているときに優位になるのは「交感神経」


人間の身体を車に例えると、交感神経はアクセルの働きを担っています。

アクセルを強く踏むと車がどんどん加速するように、交感神経が優位に働くと、体温や血圧が上がり、身体全体としては活発に働きます。

交感神経が優位に働くのは、日中活動しているときやスポーツ時、ストレスを感じているときです。

しかし、胃や腸といった消化器は、交感神経が優位な状態が続くと、正常に機能しなくなります。
排便を促す働きである「ぜん動運動」が正常に機能しなくなることで、便秘が引き起こされてしまうのです。

アクセルが強すぎてブレーキが効かない状態も、アクセルが機能せずブレーキばかりが強い状態も好ましくありませんよね。

腸が正常に働くためには、副交感神経もバランスよく働いていることが大切です。

「副交感神経」はリラックスしている時に優位になる


大腸の働きは、副交感神経が優位に働いているとき活発になります。

大腸にとって交感神経はブレーキ、副交感神経はアクセルとなって働きます。

自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態が続くと、副交感神経の働きは弱まります。
その結果大腸の働きが抑制されてしまい、便秘になるのです。

「副交感神経」は、リラックスしている状態のとき優位になります。

人間が1日の中でリラックスしている時間帯といえば、睡眠時間ですよね。

つまり睡眠不足も、自律神経のバランスを乱す原因のひとつ。

ほかにも、不安や緊張といった状態が長く続いている状態、昼夜が逆転した生活なども、自律神経のバランスを乱す原因になります。

腸の働きは自律神経によってコントロールされていますが、自律神経のコントロールは自分の意思で行うことができません。
自律神経の乱れが便秘につながってしまう前に、対策を行いましょう。

自律神経を整えるためには規則正しい生活を

カーテンを開ける女性

交感神経から副交感神経へ切り替わるタイミングは、1日の中でも夕方頃だと考えられます。
これは、動物本来の機能として、人間にも備わっているんです。

しかし、多忙な現代人は、夜遅くまで仕事をしたり、食事を抜いたりと、つい生活が乱れてしまいがちです。

日中の活動と夜間の休養という、メリハリのある生活を心がけましょう。

規則正しい生活、と聞いて思い浮かべるのは、早寝早起きのスタイルではないでしょうか。

実は朝は、お通じが期待できる絶好のタイミングと言えます。

早起きして朝の時間に余裕を持たせて、しっかりと朝食を食べましょう。
朝食を食べることで、ぜん動運動が活発になる「胃・結腸反応」が起こります。

その後トイレに行くことを習慣づければ、身体に排便のタイミングを覚えさせることができますよ。

自律神経は、加齢とともに乱れやすくなる

自律神経のバランスを乱す原因としては、不規則な生活リズムや運動不足、睡眠不足などが挙げられますが、「加齢」もまた、大きな要因です。

副交感神経の働きは、年齢とともに低下していくと言われています。

人間は誰しも、歳を取ることには抗えませんよね。

副交感神経の働きが弱まり、交感神経の働きが強まると、自律神経のバランスは乱れることになります。
年齢を重ねると自律神経が乱れやすくなることを念頭に、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

便秘の症状がストレスの原因となる前に、便秘薬ですっきりお通じを


自律神経が乱れることで、腸の機能が正常に働かなくなり、便秘を引き起こす可能性が考えられます。
自律神経を乱す原因は不規則な生活リズムや睡眠不足、また、日々のストレスも要因のひとつです。

一方で、便秘がストレスの原因となって、便秘をさらに悪化させてしまうということも考えられます。

便秘を解消しないことにはストレスも改善されない、という状況に陥る前に。
自分に合った便秘薬を使用して、すっきりとしたお通じを迎えましょう。

「昭和 便秘のおくすり」をご紹介

「昭和 便秘のおくすり」は自律神経を介さず、大腸に直接働きかけて、ぜん動運動を活発にします。

「昭和 便秘のおくすり」は、3つの生薬のみで構成された、おなか想いの便秘薬です。

便秘解消の流れ

便秘薬の効き方は人それぞれ異なります。
「昭和 便秘のおくすり」を初めて使用する方はまず、1包の半分からお試しください。

自分にとって最適な量を見つけることが、便秘薬との上手な付き合い方です。


昭和 便秘のおくすりは

フリーコール 0800-080-7871(土日祝日を除く9時~15時30分)

でもご相談に応じています。


昭和 便秘のおくすりは、医薬品です。
用法用量を守り、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。