便秘予防に効果的な生活習慣とは?

2016.7.14

便秘になりたくない!

そう考えても、気づいたら便秘になっていることもあります。
事前に便秘を予防できたら、困ることもありません。

便秘の対策に大切なことは、生活習慣を正しく整えることです。

便秘と生活習慣の関係が深いのはなぜ?

便を押し出せない

毎日の生活が不規則な方は、睡眠不足から便秘になりやすく、体調も悪くなりやすいですよね。

睡眠不足になると、体の呼吸器や消化吸収をつかさどる自律神経に悪影響を及ぼします。

体の消化吸収の流れが悪くなると、便に十分な水分を与えられなかったり、下痢になりやすくなるので、正しい排便から遠ざかってしまいます。

また、生活が不規則な状態だと、食事のタイミングもバラバラで、インスタントや外食に頼ることが多くなってしまいがちです。

食物繊維をほとんど摂取していないと、便のかさや水分が不足して、カチカチの便になってしまいます。

便秘になりにくい生活習慣とは?

relux_illust_002

最初に、睡眠の時間やタイミングがバラバラになっている自覚がある方は、寝る時間を決めて寝るようにしましょう。
自律神経を整えてあげることで、腸の動きも自然と整ってきます。
ストレスも大きく関わってきますので、ストレスを感じていると思ったら、知人に吐はき出したり、自分のストレスを解消できる方法を実行しましょう。

また、毎日三食(朝、昼、晩)とご飯をちゃんと適量食べましょう。
多すぎてもお腹に良くありません。
食物繊維や穀物を中心にしてバランスの良い食事を心がけることで、便のかさを増やしたり、水分を与えて、排便をサポートすることができます。
つまり古くからある日本人の食事である和食がオススメです。

また、適度な運動が重要です。
運動によって、腸の排便時にぜん動運動を活発化させます。
運動は毎日少しずつでも良いので、習慣づけて行うようにしましょう。

まずはウォーキングなど、簡単なものからはじめてみましょう。

便秘になりにくい生活習慣を守るのは以外意外と大変

深夜に仕事の連絡をする女性

便秘になりにくい生活習慣を守るためには、時間をキッチリと決めて生活リズムを整えたり、食事、運動にも気をつけて生活する必要があります。

しかし、家事や仕事の関係で、毎日の生活リズムがどうしてもずれてしまう方にとっては、実現が難しいかもしれませんよね。

また、気をつけ過ぎて、気疲れしてしまってはストレス性の便秘になってしまう可能性もあります。

そこで、生活習慣以外で便秘を解消する方法もご紹介します。
それが便秘薬の存在です。

お腹想いの便秘薬を試してみませんか?

「昭和便秘のおくすり」は、主成分に天然由来の生薬を使用し、私たちの体に必要な分だけ成分を配合しているおなか想いの便秘薬です。
薬の形態を錠剤ではなく粉薬(細粒)としているので、錠剤に必要な凝固剤など余計な添加物は入っていません。
生活習慣を必死で治す努力以外にも、便秘薬に一時的に頼ったりと、便秘解消ができる可能性が他にもあるということを覚えておいてください。