便秘が原因?重大な病その3「腸閉塞(イレウス)」

2016.7.13

 

腸閉塞(イレウス)とは?


sy_syouzyou_02_160331_高野_01腸閉塞(イレウス)とは、食べたものや消化液の流れが小腸や大腸で滞ってしまう状態、つまり内容物が腸に詰まってしまった状態です。

最も多い原因は、大腸の手術痕の癒着(炎症などによって臓器の膜や皮膚がくっついてしまうこと)です。


この癒着は、腹部を切る開腹手術を行った経験のある方に起こります。
腸が癒着すると、その部分を中心に腸が折れ曲がる、ねじれるといったことが起こります。
また、一部が癒着することで他の箇所が圧迫されることもあります。
このような理由で腸が詰まるケースが腸閉塞では一般的です。
まれにですが、腸が自然にねじれて腸管が狭くなり、内容物が詰まる場合もあります。


便秘との関連性は?


トイレでうずくまる女性硬くなった便によって腸が詰まってしまうことがあります、 便が原因で起こる腸閉塞のことを「糞便性イレウス」と呼びます。

特に繰り返し便秘になっている方は、腸内に硬くなった便が蓄積されており、腸閉塞のリス クが高まるとされています。

お腹の膨張感や食欲不振など、初期の症状が便秘と似ているため、自覚しづらいことも糞便 性イレウスの特徴です。

便秘と見分ける基準としては、痛みがあるかどうかです。

通常の便秘の場合、お腹の張りや不快感はあっても、酷い痛みが起こることはあまりありま せん。
腸閉塞の場合、進行すると吐き気や激しい腹痛が起こります。

長い間便秘が治っておらず、上記のような症状がある時は、糞便性イレウスを起こしている可能性があります。
その場合は、便を取り出す以外に治療方法がありませんから、すぐに病院の診察を受けてください。

便秘薬で早めに解消しましょう

便秘解消の女性よくある不調として軽くみられることもある便秘が、思わぬ病気につながる可能性があり ます。「便が出ないだけ」と侮らず、便秘は早めに解消しましょう。

運動や食事の改善で治らない、痛みや吐き気など他の症状ない頑固な便秘は、便秘薬で解消 するのも選択肢の一つです。

便秘薬の購入をお考えの方に、「昭和便秘のおくすり」についてご紹介します。

「昭和便秘のおくすり」は、3つの生薬からつくられた便秘薬です。大腸の働きを活発にす る「大黄」と、冷えがちな大腸を温め、緊張をほぐす「生姜」「芍薬」のサポートで便秘の 解消を助けます。凝固剤等が不要の粉薬(細粒)であり添加物無添加です。

便秘薬の服用を迷われている方は、ぜひ「昭和便秘のおくすり」をお試しください。

 

薬剤師 木全