便秘の症状その7「痔」

2016.7.13

 

便秘が引き起こす病気の中で、一番自つらいのが痔です。
皆さんの想像とは少し違う、痔の症状についてご紹介したいと思います。

痔ってなに?


トイレで血便が出る女性「痔」と聞くと痛みや出血をイメージする方が多いかもしれませんが、
痔とは肛門周辺に起こる病気の総称の事です。

自覚症状がなかったり、恥ずかしくて人に言えない、 病院を受診できないなどの理由で耳に入らないだけで、 実は日本人の3人に1人がかかっていると言われる国民病なのです。

知らないだけで、あなたも痔である可能性が十分にあるということです。

主な痔の種類


いぼ痔・痔核(じかく)


sy_160520_使用予定画像_7natsu_04肛門にいぼ状の腫れができる一番ポピュラーなものです。 腸と肛門がつながった境界線を歯状線(シジョウセン)と言います。 その内側にいぼができたものを内痔核、外側にできたものを外痔核と言います。

内痔核の場合痛みを感じないことがほとんどで、 排便時に出血したり、肛門からいぼが飛び出して気が付くケースが多いです。

飛び出したいぼは、排便が終われば自然に中に戻りますが、 病状が進行すると常に外に飛び出ていて指で押し込まなければならなくなり、 さらにひどくなると押しても戻らなくなります。

外痔核は痛みを感じ、悪化すると血栓ができて激しく痛むこともあります。

あな痔(痔瘻)


sy_160520_使用予定画像_7natsu_06歯状線にあるくぼみに大腸菌などが感染して炎症を起こし、たまった膿が皮膚を破って肛門の中と外が1本のトンネルのようにつながることです。

膿が出ると症状は楽になりますが、 既にトンネルができているのでその後も膿が出ることがあります。 男性にやや多い傾向があります。

痔瘻の場合は患部を温めると化膿がひろがって悪化するので冷やすようにしましょう。 痔瘻の治療は手術になります。

切れ痔(裂肛)


sy_160520_使用予定画像_7natsu_05肛門の皮膚が切れたり裂けた状態をいいます。

便秘などによって硬い便を無理に出そうとしてその刺激で切れることが多いのですが、 慢性的な下痢による炎症として起こることもあります。

切れ痔になるということは便通の状態がよくないということの証で、 便秘がちな女性に多くみられます。

切れ痔は、痛みが強い→排便を我慢する→便秘→硬い便が患部を傷つける→炎症、 という悪循環になりやすく治りにくいことが多いです。

切れ痔を繰り返すと裂け目が深くなって炎症が起き、 潰瘍や痔核ができて肛門がせまくなる肛門狭窄になることもあります。

痔の原因とは?

 

痔は普段の生活習慣が大きく関わっている病気です。

ストレスによる免疫力低下、長時間同じ姿勢で座り続ける、 冷えなど原因は色々ありますが一番は便の異常、つまり便秘と下痢です。

便秘や長時間のトイレで排便時のいきみが強いと、 肛門周囲の血管に負担をかけてしまいうっ血していぼ痔ができたり、 肛門周囲の皮膚が切れて切れ痔になってしまいます。

食あたりのような激しい水下痢も肛門の粘膜の炎症を起こしやすくします。

便秘で切れ痔になったら?


切れ痔になってしまった場合は、おしりを温めて血行を促すと痛みがやわらぐことが多いです。
お風呂に入れないほど痛みが激しい場合は、 温めたタオルを患部に当てるといいでしょう。

清潔に保つように心掛け、 トイレの際はおしりふきを持ち歩き、ウォッシュレットがあれば使いましょう。

切れ痔は本来皮膚の裂傷なので自然治癒で治りますが、 便秘が続くとどうしても肛門の皮膚に負担がかかり治りにくくなります。

普段から生活改善を心がけ、 便通を整えることで肛門付近に負担をかけないようにしましょう。
ただし既にお伝えした通り、トイレでいきみすぎるのは痔の悪化の原因となります。 便座に座る時間は3分程度にしておきましょう。

痔になってしまった時の便秘解消には、便秘薬によって解消するという方法もあります。
大腸刺激性下剤といっても、アントラキノン系のセンノシドは、 時の傷口を刺激するわけではありません。

「昭和便秘のおくすり」なら、負担の少ない自然な便通が期待できます。

慢性化した切れ痔はいぼ痔に進行することもあるので、病状がひどくなる前に選択肢として便秘薬を使うことで、安心して治療に専念できる生活を手に入れませんか?


薬剤師 木全