新生児・乳児・幼児の便秘

2016.11.28

お子さんの育児は、親御さんにとって分からないことだらけで
不安になることばかり、特に近くに頼れる方がいない場合や、
はじめて子育てをされる方は戸惑いも大きいかと思います。

ましてや、赤ちゃんは、自分自身の状態を説明することが出来ないので、
親御さんが様子を見て察してあげられるようにしたいですね。
今回は、新生児、乳児、幼児それぞれの便秘と見分け方、
その対処法について知っていただけたらと思います。

新生児、乳児、幼児とは
一般的に新生児は生後28日までの赤ちゃんの事を言います、
産後28日から1歳以下の母乳やミルクを主に飲む赤ちゃんの事を乳児、
その後の1歳~6歳以下の子を幼児と定義されています。
(児童福祉法による定義による)

新生児の便秘とその見分け方(新生児:生後すぐ~28日以下の赤ちゃん)

おむつ替えをする赤ちゃん(新生児)

新生児の排便回数は、個人差が大きく
授乳のたびにうんちが出る子もいれば、2日に1回の子もいます。
母乳の子は排便回数が多く、ミルクの子は排便回数が少ない傾向に
あるようですが、あまり参考になりません。

新生児の便秘の見分け方は
・急にうんちの間隔が開くようになった。
・うんちの時に赤ちゃんがいきんで苦しそう。
・お腹が張っている
などの症状が続く用であれば、便秘の可能性があります。

ただ、水分が主食となる新生児が便秘になる事はまれです。
・おっぱいの出や与えているミルクがあっていない
・与え方に問題がある
などが考えられますが、心配な場合には
かかりつけのお医者さんに診てもらう方が良いでしょう。

 

新生児の便秘の対処法

母乳の場合
母乳の場合にはお母さんの食生活が大きく影響します。
脂分や、糖分の低い食生活、水分をしっかり摂る事を心がけましょう。
また、母乳が足りていないという事も考えられます。
おっぱいの出が悪い場合には無理せずミルクをあげてください。

ミルクの場合

あげているミルクの成分がが体に合わない事や、
ミルクの温度が低すぎるといった事で赤ちゃんが便秘になることが考えられます。
使用しているミルクの銘柄を変えてみたり
ミルクの温度に気を付けてあげるようにしてみてください。

また、おむつの中を清潔に保ってあげる事や、お腹をさすってあげるなども
赤ちゃんに安心感を与え、うんちが出るのをスムーズにしてくれます。

新生児は排便をすることもまだ上手ではありません。
お母さんがやさしく安心感を与えてあげることで
徐々に排便も上手にできるようになり、
赤ちゃんの生活のリズムが生まれていきます。

乳児の便秘とその見分け方(乳児:生後28日~1歳以下の赤ちゃん)

pixta_21588935_syouwa

乳児になると新生児と比べ1日の排便回数が、減っていきます。
もちろん母乳やミルク、離乳食の量によっても左右されます。

母乳からミルクへの移行、
離乳食のスタートによって食生活ががらりと変わる時期です。

排便回数が変化し、軽い便秘をおこしやすくなります。
赤ちゃんのうんちの回数や状態などにも気を付けてあげる事が大切です。

新生児の時と同様に
・急にうんちの間隔が開くようになった。
・うんちの時に赤ちゃんがいきんで苦しそう。
・お腹が張っている
またそれに加えて

・便の量が普段より少ない
・コロコロとした固い便が出る
・母乳やミルクを飲んでくれない。飲んでも戻してしまう
・大きい声で泣く、機嫌が悪い
などの症状がある場合には便秘の疑いがあります。

 

乳児の便秘の対処法

①のの字マッサージ
大腸はのの字に巻いているので、
それに沿ってお腹をさすってあげることで排便を促します。
その時に出なくても、おむつ替えの度に軽くさすってあげることを繰り返すと、
排便のリズムができていきます。


②砂糖水
水分不足によって便秘気味になる事もあります。
そんな時には白湯100mlに5g程の砂糖を溶かした砂糖水も有効です。
この時もミルクと同じように
人肌の温度(37℃~38℃)にして与えると良いでしょう。
冷たい飲み物は腸の働きを低下させ、便秘を招く可能性があります。


③めん棒マッサージ
離乳食の時期の乳幼児の便秘に良く用いられるのが
めん棒で肛門を刺激するめん棒マッサージです。
行う方も初めはおっかなビックリですが、慣れてしまえば簡単です。

用意するモノはめん棒とオリーブオイル又はベビーオイルなどを使用します。
めん棒にオリーブオイルを十分に着け滑りを良くしたところで赤ちゃんのお尻へ。
2~3㎝程入れ小さな円を描き、
お尻の穴を広げてあげるようにマッサージをします。

うんちが突然飛び出すぐらいに出てくることがあるので、
おむつを広げるなど準備をして行ってください。

 

幼児の便秘とその見分け方(幼児:1歳~6歳以下)

pixta_26039481_syouwa

幼児の便秘の見分け方は

・便が数日間出ない
・食欲減退
・腹痛
・嘔吐
・発熱
・不機嫌になる
・コロコロした石のような便
・硬いウィンナーのような便

以上のような症状があるかどうかです。
便が出ない日数に関しては、
一般的に 2〜3日排便がない場合は、便秘と見て良いでしょう。

 

幼児の便秘の対処法

食物繊維の多い芋や豆などの野菜食を増やす、
ヨーグルトやオリゴ糖などで善玉菌を増やすようにする、
運動させるなど、普段の生活改善が重要です。

また、特に重要なのが、トイレを我慢させないことです。
排便をする恥ずかしさからトイレを我慢して、便秘になってしまう子共もいます。

「排便は自然の営みで、恥ずかしいものではない」という
意識をもたせてあげることも大切です。

毎日決まった時間に排便する習慣を付ける事が大切なので、
起床後や食後に起こる便意が起きやすい時間に
「ウンチしてきなさい」と声をかけてあげて、
トイレタイムを設けてあげるのが良いでしょう。

この幼児期は自分でいろいろな事ができるようになる大切な時期です。
一人でうんちやおしっこができるようになるのもその一つです。
一人でトイレができた時にはしっかりとほめてあげる。

正しいトイレの習慣、生活習慣を身につけさせてあげることで
便秘にもなりにくくなって行きます。

子供は便秘薬を飲んでもいいの? 便秘薬の用法・用量を守って使えば大丈夫です。

pixta_19002365_syouwa

お子さんが便秘の場合には便秘薬を使ってもいいの?
そのような疑問をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

お子さんに便秘薬を与える場合には、
その便秘薬の用法・用量に従ってご使用いただくとよいでしょう。

その薬が何歳から使用することができ、
どれだけ飲んだらよいかが書いてあります。
そのおくすりの用法・用量を正しく守ってご使用いただくことが大切です。

便秘は解消されたとしても、便秘薬で腹痛や下痢を起こしてしまっては、
子どもにとっては辛い記憶になってしまいます。
排便という行為自体に苦手意識が植え付けられてしまうかもしれません。

お子さんに便秘薬を飲ませる場合は、
かかりつけの小児科などに相談するのも良いでしょう。
子供が使っても良い、子供にとって最適の便秘薬を勧めてもらえるはずですから、
親御さんとしても安心できると思います。

 

3歳から使える「昭和便秘のおくすり」は、植物だけでつくられたおなか想いの便秘薬です。

「昭和便秘のおくすり」は、大腸の働きを活発にする「大黄」、
体を温める「生姜」、筋肉をリラックスさせる「芍薬」の
自然生薬成分だけからつくられた添加物無添加の便秘薬です。

大黄に含まれるセンノシドが腸に働きかけ、
蠕動運動を活発にする処方のおくすりです。

粉薬(細粒)ですから、容易に分割出来て服用量を調節しやすくなっています。
3歳~7歳未満のお子さんには大人の最小用量(1/2包)の1/3量
(つまり1包の1/6量(約0.3g))以下からお飲みください。

お子さんに飲ませる場合は、保護者の指導監督の下に飲ませてください。
飲み過ぎにならないように、量を正確に取り分けてください

私たちは、便通改善を通して人々の健康に貢献することを使命と考えてきました。そのような思いで、このシンプルな完全無添加処方の便秘薬を開発いたしました。良く効く刺激性便秘薬なのに3歳から飲むことができる、
植物原料100%のおなか想いの「昭和便秘のおくすり」をぜひお試しください。

 

お子さんが便秘はお医者さんに、「昭和便秘のおくすり」は薬剤師さんにご相談を

お子さんが便秘で悩まれているという方は、
まずはかかりつけのお医者さんに相談してみるのが良いでしょう。

「昭和便秘のおくすり」に関するお問い合わせに関しては、
薬剤師にお問合せください。

フリーダイヤル0800-080-7871まで。 
快便薬の「昭和便秘のおくすり」で、悩まない7871 と覚えてください。

お子さんに「便秘のおくすり」を飲ませたいという場合には
上記電話番号からご相談していただくことが可能です。
お子さんに服用させる前に一度お問い合わせください。

昭和便秘のおくすりは医薬品です。用法用量を守り、
使用上の注意をよく読んでお使いください。