便秘はなぜ体に良くないの?

2016.7.16

 

お腹の不調、どこからが便秘?

toilet_illust_003そもそもお腹の不調のうち、どこからが便秘というのでしょうか?

一般的には、3~4日間お通じがなければ、便秘と呼ばれます。 しかし「これが起きたら便秘」という明確な基準は、実はありません。

理想の排便ペースは 1 日 1 回ですが、健康的な人では排便が1日1回以上ということもあ ります。食べた回数排便するのがベストという説もあります。 個人のライフスタイルによっては、現実的でないところもありますよね。

しかし、適切な排便のリズムには個人差があり、排便の回数が多いか少ないかで決められるものではありません。

4 日に 1 回の排便でも不調を感じないこともありますし、2 日に 1 回排便があっても、便が 硬かったり出し切れていない感じがしたら、それは便秘と思ってよいでしょう。

便秘についてはデータに惑わされず、自分のからだと相談することが大切です。便秘の症 状がひどいと判断したら、無理なくできることから解消法を実践していくようにしましょう。


便秘だとどんなことが起こる?


日常的な不調


お腹が張る
お腹が内側から膨らんでいるような不快感があります。便秘の代表的な症状といってよい でしょう。
お腹が苦しく、変な体勢で歩くことになったらつらいですよね。

肌への悪影響
次でご説明しますが、便秘は、排出されるはずのいらない物質を体内にため込んでいる状 態です。
この時体内には、腸から吸収された有害物質で汚れた血液が回っています。この 血液の汚れは新陳代謝を下げ、くすみや吹き出物など肌トラブルを引き起こします。


有害物質が発生


イヤなにおい
便秘は、排出されるはずの不要物を体内にため込んでいる状態です。 硫化水素、アンモニア、インドール、スカトールなどの物質が、何ともいえないイヤなにおいを生み出します。
収集日に出せなかったごみ袋をためていると、部屋全体がイヤなにおいになってきますよね。
便はごみと同じで、出すべき時に出さないといいことがありません。


病気のリスクが高まる


切れ痔やいぼ痔
長く体内にとどまっている便は、水分を失ってカチコチに硬くなっています。こんな便を無理やり出そうとしてトイレでいきむと、肛門に強い圧力がかかり、切れ痔やいぼ痔のリスクが高まります。
すでに痔になってしまっている人がこの状態になると、痛みや出血が ひどくなります。

ポリープやがん
便秘でがんになるなんて大げさな、と思われるかもしれませんが、有害物質が長く体内にとどまると、あり得ない話ではありません。
有害物質は生活習慣病を引き起こす可能性を高め、ポリープやがんのもとになる危険があります。

腸閉塞(イレウス)
食べ物やガス、便などが排泄されないまま小腸や大腸で詰まってしまった状態です。
吐き気や嘔吐をもたらすこともあります。
一刻も早く医師の診断を受ける必要があります。進行すると、腸穿孔につながる場合があります。

腸穿孔
高齢の方や大腸癌、大腸に潰瘍がある方は硬い便が腸壁に穴を開けてしまいます。 これは生死に関わる重大な症状です。

便秘かな?と思ったらお早めに


doctor_illust_004便秘は放置するとどんどん治りにくくなり、病気につながる可能性もあります。

便秘を治すには、まず生活習慣を改善するべきで、便秘薬を飲むのは良くないという考えをお持ちの方も多いのではないかと思います。

それは、便秘薬を飲むことで急にひどくお腹が痛くなる、「こわい便意」をもよおすイメー ジがあるからではないでしょうか?

そんな方のために考えられたのが、「昭和便秘のおくすり」です。

便秘薬に本当に必要な成分、大黄、芍薬、生姜の三つの生薬だけを使った「昭和便秘のおくすり」は、無理のないお通じを叶えます。


薬剤師 木全