生薬で、腸のぜん動運動をサポートしよう!

ぜん動運動を取り戻す
2016.10.17

 

生薬 ダイオウで、腸が本来のぜん動運動を取り戻す!


生薬ダイオウ(大黄)は、「漢方医学界の将軍」と呼ばれる

その理由は、体調が悪いときに飲めば解毒作用がとてもつよく、
頼もしいことからきていると、いわれます。
また収穫できるまでに少なくとも4年もの歳月が必要なため、
漢方医学界でもとても貴重な生薬の1つとされています。



弱くなったぜん動運動を促す、ダイオウに含まれる成分センノシドの働き


intestine_illust_000ダイオウに含まれるセンノシドは、胃や小腸には刺激を与えずに大腸へたどり着き、腸内細菌の力でレインアンスロンという物質にかわります。
このレインアンスロンが大腸を刺激して大腸のぜん動運動を促すよう働きます。
乱れた生活習慣など多くの原因がある中で、ダイオウの成分であるセンノシドが、動きの鈍くなったぜん動運動をサポートしてくれるということです。


ダイオウがもつ、残り2つの作用 

ぜん動運動をサポートする以外の作用もあります。

生薬 ダイオウの作用
① 漢方ではダイオウは寒性と言い、体を冷やすとされています。
② 腸のぜん動運動が促されることで、時に痛みを感じることもあります。



ダイオウに協力する、2人の家来 ショウキョウ(生姜)とシャヤク(芍薬)

intestine_illust_019家来1
ショウキョウの、ポカポカ効果 
ショウキョウとは、一般的に呼ばれるショウガです。ショウガに含まれるジンゲロールといわれる成分が血行を良くし、腸内も含め、からだをぽかぽか温めてくれます。私たちの習慣の1つとして、冬にショウガ湯を飲むのも、あったか効果があるからなのです。

芍薬とリラックスする腸家来2
シャクヤクの、リラックス効果
実は、シャクヤクも生薬の1つで、筋肉の緊張や痛みを和らげる効果が分かっています。
ピンク 色のきれいな花を春に咲かせることから、美しい女性を花で例えた言葉になっていますよね。やさしいイメージのあるシャクヤクは、漢方の重鎮的存在なのです。

ダイオウにショウキョウとシャクヤクを配合した、「おなか想いの快便薬」

昭和 便秘のお薬

創業40年の会社が、ひたむきに”便通改善”を追い求めてきました。
便秘で悩む身内のために解消したいとの一心で、薬剤師 木全が医薬品研究を続けてきました。
ようやく”本当に必要なものだけ”を入れた「おなか想いの快便薬」ができました。

いざ、本来のぜん動運動を取り戻し、ストレスフリーなトイレ習慣から始めよう!


便秘を無理なく解消 用法、用量をしっかりチェックしてから、
おやすみ前に服用します。
人によって効き方に開きがあるため、はじめは1包の半分を服用することがオススメです。
まず、便秘薬で腸のぜん動運動をサポートしてあげることが、解消の一歩になります。 おくすりで腸をいたわってあげて、ストレスフリーなトイレ習慣に戻るきっかけにしましょう。

※昭和 便秘のおくすりは医薬品です。 
 用法・用量を守り、使用上の注意をよく読んでお使いください。

薬剤師 木全