刺激性便秘薬との相性も◎!!ヨーグルトで便秘解消。

2016.11.16


「ヨーグルトを食べて便秘が解消した。」と
実際に経験されている方は多くいらっしゃると事と思います。

ヨーグルトは便秘にいい!! 
ヨーグルトには乳酸菌、ビフィズス菌などの
腸の調子がよくなる善玉菌が含まれています。

もちろんヨーグルトだけでなく多くの乳製品や発酵食品に含まれる
様々な善玉菌がおなかや腸の調子を整えてくれるのです。
実際に腸の中の善玉菌の割合が増えることによって、
体に様々なメリットがあります。

今回は、それら善玉菌と刺激性便秘薬との相性についてお話ししていきましょう。

腸がきれいになると体もきれい。

pixta_25594747_syouwa腸は食物の栄養素を吸収する器官で脳の次に
神経細胞が集中している器官でもあります。

腸は単に栄養素を吸収するだけの器官ではなく、
免疫機能を始め様々な働きをしています。

また、大腸の中には沢山の菌が棲んで居て、
その菌が作り出す物質が人の役に立ったり、
また逆に悪さをしたりします。
これが善玉菌・悪玉菌と呼ばれる理由です。

悪玉菌が優勢になると腸内のPHはアルカリ性に傾きます。
一方善玉菌が優勢になると酸性に傾きます。

つまり、便のPHは中性から弱酸性が良い状態とされています。
更に便秘になると溜まった便から、
カラダに不要な成分も一緒に吸収されてしまう事にもなります。

便秘が解消され、腸内がきれいになり、腸内が弱酸性になると
更に善玉菌が増え、腸内環境が整い、体の代謝能力が上がります。
その結果、代謝しやすい体になり肌がきれいになって行きます。
腸がキレイである事は外見の美しさにも多くの影響を与えているのです。

便秘の場合だけでなく、下痢の時にも腸内環境は悪化しています。 
腸内環境が改善されると腸内の機能が回復され、
腸は本来の仕事である便を作る機能も正常となり、
“ウンチ”も理想的な形となります。

生きて腸まで届くの!?
ヨーグルトは善玉菌を育む事が得意

善玉菌の代表格はビフィズス菌と乳酸菌です。
ヨーグルトは主に牛乳を原料に乳酸菌で発酵させて作られます。
また、ビフィズス菌を加えた物も市販されています。

ビフィズス菌や乳酸菌は多くの種類があります。
市販されているヨーグルトに含まれるビフィズス菌の仲間としては
BE80菌、SP株、GCL2502、BB12菌などがあります。

同じく乳酸菌の仲間として、ブルガリア菌、クレモリス菌、ガゼリ菌、
カゼイ菌、LG-21、R1、LB81などがあります。

最近では、それぞれの菌ごとに効果が異なるといった研究も
盛んにおこなわれています。
それぞれの菌がどのような効果を発揮するのかが分かる事で、
より効果的に乳酸菌を摂取することが可能となります。

しかし、食べ物は必ず胃を通って腸に至ります。
胃から出る胃酸によってその多くは死滅してしまいます。
一方で死滅してしまった菌でも効果があるとも言われています。

もちろん自分の体に合った菌やその用途に合わせて菌を選ぶことも重要ですが、
毎日無理をせずにヨーグルトや発酵食品を継続して食べていただく事が
キレイと健康の近道と言えます。

腸内フローラ、プレバイオティクス、
プロバイオティクス、バイオジェニクス、とはなんでしょう?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-10-39-12


私たちの腸内の状態が体全体を、ひいては精神状態まで支配するという認識は
100年以上前からあったという事です。

今後も腸内細菌の研究が進むにつれ、よい菌をどうやって増やすのか、
菌の出す物質の何が大切なのかなど、
更に効率的に菌を利用する方法が明らかになって行く事でしょう。

ぜんどう運動を起こす成分(センノシド)と善玉菌は相性◎!!

SONY DSC刺激性の便秘薬に多くふくまれる
成分のセンノシドは、腸内の
善玉菌によってレインアンスロン
という成分に分解されます。

そのレインアンスロンという成分が
腸のぜんどう運動を活発にするという事が次第に明らかになっています。

つまり善玉菌が少ないと便秘薬を飲んでも
比較的にぜんどう運動が起きにくいという事になってしまうのです。

逆に便秘薬によってたまっていた便が排泄されれば、
腸内の環境は劇的に変わります。
そうすることで善玉菌が増えやすい腸内に代わっていきます。
そして、善玉菌が増え腸内の環境が整っていけば、
便秘が起こりにくい状態へと変わっていくのです。

ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維、善玉菌の餌になる
オリゴ糖を食べることで善玉菌を増やす努力を行っていただき、
便秘ぎみだな。と感じた時には
無理せず便秘薬を使って早めに便秘を解消してあげる。

どちらかだけではなく、ご自身の体調に合わせていただく事がお勧めです。

腸を整えるためには善玉菌を増やすこと。便を出すには無理せず便秘薬を使いましょう。

%e6%98%ad%e5%92%8c%e4%bd%9c%e5%9b%b3

今まさに便秘で、ヨーグルトでは簡単にスッキリしないという方には、
まずは便秘薬を使用して、
目の前の便秘をスッキリ解消されることをお勧めします。

便秘による苦しみは、便秘に実際になった方でないと
なかなか理解してもらえません。

食欲不振になる、お腹が常に張っている、お腹や肛門の痛み、おならが臭い、
更には精神的な症状まで、多くの面で負担となり、
QOL(クオリティー オブ ライフ)の著しい低下につながってしまうのです。

腸がきれいな状態が、善玉菌にも体にも良い環境です。
腸内の便がなくなり、腸内がきれいになる事で
善玉菌が増えやすい環境になります。

その状態で善玉菌を摂取することでさらに腸内が健康な状態になる。
日々の便通改善につながる、健康になっていくというサイクルが生まれます。
まずは無理せず腸内にたまっている便を出してあげることが大切なのです。

ナチュラル志向の方にもおすすめ。
「昭和便秘のおくすり」

「昭和便秘のおくすり」は、大腸の働きを活発にする「大黄」、
体を温める「生姜」、筋肉をリラックスさせる「芍薬」の
自然生薬成分だけからつくられた添加物無添加の便秘薬です。

大黄に含まれるセンノシドが腸に働きかけ、
ぜん動運動を活発にする処方のおくすりです。
粉薬(細粒)ですから、容易に分割出来て服用量を調節しやすくなっています。
初めての方には、まずは少量から服用して効き目を確認していただけます。

私たちは、便通改善を通して人々の健康に貢献することを使命と考えてきました。
そのような思いで、このシンプルな処方の便秘薬を開発いたしました。
植物原料100% 添加剤を一切使用していない、おなか想いの
「昭和便秘のおくすり」をぜひお試しください。

便秘薬で悩んだら、医師や薬剤師にご相談を

昭和便秘のおくすり

現在いろいろなお薬を飲まれていて、
さらに「便秘気味で便秘薬も飲みたい…」という方は、
まずはかかりつけのお医者さんに相談することが大切です。
また、お薬を調剤された薬剤師さんにお尋ねになっても結構です。

昭和便秘のおくすりに関するお問い合わせは

メール:ホームページのお問合せフォーム

電話:フリーダイヤル0800-080-7871まで。
快便薬の「昭和便秘のおくすり」で、悩まない7871 と覚えてください。

あなたが現在飲んでいらっしゃるお薬と、
「便秘のおくすり」の飲み合わせについては
上記電話番号からでもご相談していただくことが可能です。
「こんな薬を飲んでいるのだけど…」といったお悩みの方は
一度お問い合わせください。