便秘解消! プルーンの効果 

2016.11.4

プルーンの食物繊維とソルビトールが、便秘解消に効くといわれる理由

・プルーンとは、ドライにしたプラム(すもも)のこと

「すもも」はバラ目、バラ科、サクラ亜科に属する植物で、
あんず、梅、桃、桜などと近い親戚関係にあたります。
糖度の低い「すもも」は乾燥しても「プルーン」になりません。
乾燥の段階で腐ってしまうのです。

「プルーン」になれる特性のあるすもも(特に「プルーンプラム」と呼ぶ)は
数種類しかありません。
日本にも「プルーン」と称したすももがありますが、
それを種が付いたまま乾燥させても所謂「プルーン」にはならないのです。

・プルーンの栄養価

プルーンはビタミン、ミネラル、抗酸化物質、食物繊維の宝庫です。
ここでは食物繊維に注目してみます。
プルーンには水に溶けない不溶性繊維と水に溶ける水溶性繊維の
両方が含まれています。
プルーンを食べることで、悪玉コレステロールが減少したという報告もあります。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がある

25

水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維のことです。
体内に入ると、水分を含んでトロトロのゲル状になり、
便をやわらかく腸の中を移動しやすい状態にしてくれます。
主に、果物、海藻、いも類、豆類、野菜に多く含まれます。


不溶性食物繊維とは、水に溶けにくい食物繊維のことです。
水分を含んで膨らむことで、カサを増やす材料となります。
主に、穀類、いも類、豆類、きのこ、野菜に多く含まれます。


プルーンは、4~5個のうち約3グラムの食物繊維を含みます。
プルーンに含まれる食物繊維は、
不溶性と水溶性の繊維がそれぞれ約50%ずつです。

便秘を改善するには、
水溶性と不溶性の繊維をバランスよく摂ることが良いとされています。

便を柔らかくして便通改善に役立つ、ソルビトール

ソルビトールは、プルーンに含まれる水溶性食物繊維の一種で、
天然にも存在していて、人工的に合成したものもあります。

合成したものは食品添加物として甘味料や増粘剤、食感の改良などに使われます。
ソルビトールは食物繊維(人間が消化できない成分)なので
そのまま大腸に達して、便を柔らかくして便通改善に役立ちます。
大量に摂取すると下痢を起こすこともあります。

食べすぎには注意!

4d96a2767e74283096f3373598c20afc_s

腸の活動が活発になりすぎることで排便が困難になっている
「けいれん性便秘」の方は、食物繊維を大量に摂取すると、
おなかがはりやすくなったり、痛みを感じたりする可能性があります。


また肛門に近い直腸でトラブルが起こっている「直腸性便秘」の方は、
食物繊維を大量に摂ると、かえって悪化してしまう危険性もあります。


例えば上記の症状の場合、食物繊維が便秘にいいからと言って、
プルーンの食べすぎには注意が必要です。
自分に合った量を摂るようにこころがけましょう。
1日3個ほどが目安となります。

けいれん性便秘と直腸性便秘など便秘の種類について詳しく知りたい方はこちら>

相乗効果も期待できる、ヨーグルトとプルーン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乳酸菌やBE80菌などが含まれるヨーグルトを食べ、
善玉菌の量を増やすことで、腸内を整えてくれる効果が期待できます。

ただし、プルーンは糖度が高いため、食べすぎは注意が必要です。
そのため、1日3~5個など食べる量を決めて、
自分にあった量を食べるよう心がけてあげましょう。

ここからライフスタイルを見直し、便秘で悩まない生活にしよう!


toilet_illust_007

便秘は体の不調のサインです。これを機に、食生活やライフスタイルを見直し、
自分をいたわってあげてください。

プルーンやヨーグルトなど、便秘に効くといわれる食べ物はたくさんあります。
また、便秘薬を使ってみるなど、
どれが自分に合っているのか試してみてもいいのかもしれません。
健康なカラダを目指し、便秘で悩まない生活にしましょう。