便秘薬の成分「ビサコジル」とは? 便秘薬を正しく知り、正しく使いましょう。

2016.7.13

ビサコジルとは?


drug_illust_009ビサコジルとは、便秘薬の中でも腸を刺激して、動きを活発にさせて便を出すタイプの刺激性下剤に分類される薬です。

さらにそのうちの「ジフェニルメタン系」に該当しますが、これは比較的最近になってから開発された薬です。

非常に有名な便秘薬の中にもビサコジルを主成分とするものがありますので、慢性的な便秘にお悩みの方であれば、服用していたことのある方もいらっしゃると思います。

 

便秘を解消する流れ


ビサコジルは大腸にたどり着くと、大腸の粘膜に直接作用することで便意を刺激して排便を促します。

また、水分が必要以上に奪われてしまうのを防ぐ作用もあるので、便の量を増すとともにやわらかくしてくれます。

腸の機能の低下、便意が起こらない、便の水分不足という3つの便秘の原因に対して働きかけます。

便秘の治療のほかにも、消化管を検査する時などにも使用されます。

飲む時に気をつけることは?


子どもや妊娠中の方、持病をお持ちの方は服用しない


小さな子どもや妊娠中の方は、服用は避けた方がよいでしょう。
ビサコジルは粘膜を刺激するため、潰瘍がある方や、痔がある方は用いてはいけません。
錠剤は胃で溶けないようにした特殊な錠剤になっています。
錠剤を噛んで飲んだり、胃薬と一緒に飲んではいけません。

 

けいれん性便秘の方は避ける


多くの一般的な便秘薬と同じく、ビサコジルの作用も腸の働きを促進するものです。
腸が過剰に働いている状態のけいれん性便秘には逆効果となり、悪化させることにもなりかねませんので使用は避けた方がよいでしょう。

 

持病をお持ちの方は医師に相談


糖尿病や腎臓病などの持病をお持ちの方は、お薬の相性などもありますので、使用前に医師への相談・報告を必ず行いましょう。

 

用法容量を守る


効果があるからといって長期的に常用することは良くありません。

便秘薬に頼って排便を続けていると、腸が自然に運動できなくなり、さらに薬を増やさなければ効果が表れなくなってしまいます。

用法・用量を守って、正しく使えば便秘薬は怖くありません。

便秘の治療の基本である、食物繊維の豊富な食事、適度な運動、規則正しい排便習慣を実践することももちろん大切ですが、生活改善をしつつ、上手に便秘薬を使って便秘を解消しましょう。

 

まとめ


生薬の便秘薬ビサコジルは便秘解消に効果的な便秘薬とはいえ、人によっては効果が大きすぎてひどい腹痛を起こしてしまうことがあります。

服用の際は用法・容量を守りましょう。

「昭和便秘のおくすり」は、自然に腸に働きかける大黄、生姜、芍薬の3つの天然生薬だけでできており、添加物無添加の便秘薬です。便秘の解消に効果のある成分を、必要な量だけ配合しているので、からだ想いのお薬です。

小さなお子さんや妊娠中、授乳中の方、持病をお持ちでない方は、ぜひ一度「昭和便秘のおくすり」をお試しください。

薬剤師 木全