便秘薬依存症って?

2016.7.13

薬局で簡単に買える便秘薬、気軽な気持ちで使っている方も多いと思います。

しかし強い便秘薬を使いすぎると、怖いこともたくさんあるのです。

 

どうして便秘薬依存症になってしまうの?


正しく飲めば怖くない便秘薬。ではなぜ便秘薬依存症になってしまう人がいるのでしょう?

 

悪循環に陥ってしまう

便秘薬依存症は、決められた用量・用法を守らずに服用してしまうことが原因で起こります。

正しい使い方をしていれば、便秘薬依存症になる心配はあまりありません。

決められた用量以上に大量の便秘薬を飲み続けていると、悪循環に陥ってしまうのです。この状態が便秘薬依存症です。

便秘薬依存症

① だんだん腸の動きが弱ってくる。

② 自力での排便が難しくなってくる。

③ 便秘薬に頼らないといけなくなってしまう。

④ 便秘薬に体が慣れて効かなくなってくる。

⑤ 排便をしたいがために便秘薬を増量せざるを得なくなる。

⑥ 最終的には大量の下剤を飲んでも排便できなくなってしまう。

一種の薬物依存のような状態なのです。

 

ダイエット目的での使用は、やめられない可能性大。


若い女性の中には、ダイエット目的で強い便秘薬を大量に使用している方もいますが、このような使い方をしていると、ますます便秘薬が手放せなくなってしまいます。

ダイエット目的で使い始めたころは、便秘も治るし体重も減るし、いいことだらけに思えるかもしれません。

しかし、強い便秘薬を大量に使っていくうちに、無理やり動かされた腸は疲れきってしまい、腸の動きは弱くなっていってしまいます。すると前のようには便が出なくなってしまうのです。

こうなると、便秘薬を飲む量ばかりが増え続け、最終的には強い便秘薬が手放せなくなってしまうのです。

便秘薬依存症のリスクとは?


便秘薬は正しく使えば頼もしい味方になりますが、使い方を誤れば体にとっては毒になることもあります。

 

便秘薬依存症の方に多い大腸メラノーシス

 

大腸メラノーシスという病気をご存知でしょうか?あまり聞いたことが無い言葉かもしれません。

これは一週間以上排便がないため仕方なく、強い便秘薬を決められた用量以上に使って排便してしまっている人や、ダイエットのため、などの理由で強い便秘薬を大量に使っている人に多くみられます。

大腸メラノーシスとは大腸の粘膜が真っ黒に近い色になること。大腸がまるで、伸びきったホースのようになってしまうのです。

これは、便秘薬を長期間常用して耐性ができることによって起こります。こうなってしまうと腸の動きが悪くなり、ますます便秘が悪化してしまうのです。

更に恐ろしい事に、大腸メラノーシスにはこれといった自覚症状がありません。

こうなってしまった場合は、便秘薬の使用をやめれば徐々に元の綺麗な色の腸に戻ります。

 

便秘薬依存症の本当の怖さ


便秘薬依存症になると、排便が困難になったり、大腸メラノーシスになったりと、身体的に辛い症状に悩まされます。

しかし本当に怖いのは、精神的に強い便秘薬に依存してしまうことなのです。

間違った飲み方で飲めば飲むほど、腸の動きが弱ってしまい、効かなくなっていくのが強い便秘薬の怖いところ。

どうしても排便したいのに薬が効かない、じゃあもっと強い薬、もっと強い薬…

このようにどんどん強い薬を求めるようになっていき、最終的には身体的にも精神的にもボロボロになっていってしまうのです。

便秘薬依存症は一種の薬物中毒のような状態なのです。

便秘薬依存症になると、自力での改善は精神面では特に難しくなるため、病院に行って治療しなければいけなくなります。

 

昭和便秘のおくすりで優しく便秘解消


これまで強い便秘薬を使いすぎることのリスクの話をたくさんしてきたので、便秘薬に対して怖い、というイメージを持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし本当に怖いのは便秘薬そのものではなく、便秘薬を間違った方法で使ってしまうこと。

そして、強い薬ばかりを求めて身体的にも精神的にもボロボロになることは、避けたいですね。

便秘になったとしても、便秘薬を正しく使って、健康的に腸を動かして排便していれば、便秘薬依存症になることはありません。

昭和便秘のおくすりは、3つの天然生薬のみで作ったおくすりです。

昭和便秘のおくすりを、用法・用量を守ってお使い頂き、身体的にも精神的にも良い排便習慣を身につけましょう。