便秘薬の常用は良くない?

2016.7.15

 

便秘薬には2種類「刺激性」と「塩類下剤」があります


toilet_illust_012便秘薬には大きく分類して刺激性と塩類下剤があります。刺激性は大腸のぜん動運動を活発にすることで排便を促します。塩類下剤は便が硬くならない事で排便しやすくします。
結論から先に言いますと刺激性は常用に適さない便秘薬で、塩類下剤は常用にもできる便秘薬です。
どちらも効き過ぎると下痢を起こします。便秘薬は用量を調節して効かせ過ぎない事が必要です。

刺激性下剤とは

刺激性下剤はセンナ、アロエ、ダイオウ、ビサコジルなどを配合した便秘薬です。胃や腸で吸収されず、大腸に達して大腸の内側から作用してぜん動運動を活発にします。ぜん動運動を活発にするメカニズムが、大腸の神経を刺激して効果が現れる事から刺激性と呼びます。効き過ぎると腹痛を伴う事があります。
とかく「刺激」には「慣れ」が生じます。常用していると慣れが生じて、薬の量を増やしたり、服用する頻度を増やすということにつながります。便秘を解消するために便秘薬を飲んで、服用し続けることで、便秘体質を自ら作り出してしまう可能性があるのです。そのことから、毎日飲むには適さない便秘薬と言う事になります。

 

塩類下剤とは

塩類下剤とは吸収されないタイプの塩で、酸化マグネシウム、硫酸マグネシウムなどが配合された便秘薬がこれにあたります。成分が吸収されず便の中に留まる事で、浸透圧と言う科学的な作用によって便から水分が抜けにくくなり、便が硬くならないことから排便しやすくなるのです。すでに大腸で硬くなってしまった便を後から柔らかくする作用はありません。あくまで、塩類下剤を飲んだ前後に食べた物が便になる時に効果を発揮します。

便秘の多くは、ぜん動運動が弱くなって起きる。

原因はいろいろありますが、便秘の多くは弛緩性便秘と言って大腸のぜん動運動が弱くなって起きます。逆に大腸が緊張して起きるタイプの便秘もありますので一概には言えませんが、弛緩性便秘には刺激性が理に叶っています。どちらのタイプが自分に適しているか、試してみると良いかも知れません。

昭和便秘のおくすりは刺激性便秘薬です。

「昭和便秘のおくすり」は生薬のダイオウ末を主薬にし、シャクヤク末、ショウキョウ末をサポート役の差薬として配合した植物成分100%で添加物無添加の便秘薬です。


毎日便通が無いと気が済まない?

確かに便秘が解消されると気分爽快になりますね。「また明日も」とお思いになるのはもっともなことです。でも便通の最適な間隔は毎日とは限りません。毎日便通が無いと悪い事の様に思って、刺激性便秘薬を毎日飲むのは考えものです。「毎日便通が無いと気が済まない」と思ってしまう事の方が病気なのかもしれません。おおらかな気分で便秘と向き合っていただきたいと思います。薬は必要最低限にして、生活習慣の見直しも同時に行ってください。

薬剤師 木全