便秘薬との上手な付き合い方

2016.7.13

便秘に悩まされている方は、便秘解消法の一つとして便秘薬を利用されたことがあるのではないでしょうか。
便秘で困ったときに非常に助けになる便秘薬ですが、 あなたは便秘薬をどんな時に使用していますか?
便秘薬には効果的かつ正しい使い方があります。
用法・用量を守って正しく服用すれば、 つらい症状を楽にしてくれる頼れる存在となります。
この記事では、便秘薬を使用している方に便秘薬との付き合い方を説明します。

正しい付き合い方を学ぶ


まずは薬についてよく知ろう

皆さんはご自身の使っている薬の成分に興味を持ったことはありますか?
便秘薬とうまく付き合う上で、ご自身が使っている便秘薬を知ることは非常に大切です。
例えば、薬の入っていた箱を捨ててしまっている方。
薬品の名前さえ分かれば、ご自分のスマートフォンなどから薬を調べることができます。薬の効能と、副作用は先に知っておきましょう。

便秘薬に限った話ではありませんが、頼る時はしっかり相手を見極めてから頼りたいですね。


便秘薬にも依存ってあるの?

drug_illust便秘薬とは正しい距離感で付き合う事が大切です。
例えば、便秘薬の用法・用量を守らず多用すると、腸は薬の成分に慣れてしまいます。効きにくくなった事から、通常の何倍も薬を服用し続けてしまうケースもあります。薬を飲めば楽になれると考え、服用量が増えてしまえば立派な便秘薬依存症なのです。

最終的に、薬がなければ自分で排泄ができない状態になってしまう事もあります。
睡眠薬に頼って毎日眠っていると、薬の効果が薄くなってしまうのと同じですね。
しかし、用法・用量を守って正しく服用すれば、依存体質に陥ってしまう事はほとんどありません。


だからこそ、便秘薬との距離感は近すぎず遠すぎないよう意識しましょう。

計画性を持って使用する


便秘薬に「サポート」してもらおう

朝ゆっくりと過ごし腸を活発に便秘薬とのお付き合いに悩んでいる方のために「昭和便秘のおくすり」は開発されました。
その理由として「昭和便秘のおくすり」は、夜就寝前に一回だけ服用すればOKだからです。
一日に飲む回数が多いと飲み忘れてしまう、という方でも大丈夫というわけですね。更に、3つの天然由来の生薬だけを使用し、必要な分だけを薬に配合しています。

添加物無添加で、成分も分かりやすく、便秘薬が初めての方でもお試しいただけます。
「昭和便秘のおくすり」と、いい距離感でお付き合いをしてみてください。

 

薬剤師 木全