晩酌のおつまみにも!簡単なレシピで便秘を解消しよう◎

2017.4.28

 

男女を問わず、便秘に悩んでいる方はいらっしゃいます。

便秘の原因は様々ありますが、中でも「食生活」が原因となって引き起こされる便秘というのは、誰にでも起こりうることだと思います。

「食物繊維」が不足すると便秘がちになります。
反対に、食物繊維、つまり野菜をたくさん食べることで便秘解消につながりますが、それがなかなか難しい…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「ランチは時間がないから牛丼やカレーなどのすぐ出てくるものだけで済ませている」
「付き合いで飲みに行くことが多いから、夜は焼肉や焼き鳥が中心になりがち」
というように、忙しいサラリーマンの方にはなかなか難しいものですよね。

野菜不足による便秘に悩まされている方は、普段の食生活に、意識的に食物繊維を取り入れましょう。

「でもサラダって結構高いし、ランチの予算超えちゃうよ…」

そこで今回は、便秘を解消したい方向けのレシピをご紹介します。

飲食店でサラダを注文したり、コンビニで購入するよりも、自炊のほうが安く済ませられますよね。
忙しいサラリーマンの方でもさっと作れるメニューばかりなので、便通が気になっている方はぜひお試しください。

 

水溶性食物繊維を補う「おくらのガーリックバターソテー」

食物繊維は、大きく2種類に分けられます。

水分を含んで膨らみ、便の材料となる「不溶性食物繊維」と、水分を含むとゲル状になり、便の移動をスムーズにしてくれる「水溶性食物繊維」の2つに分けられます。

日本人の多くは、「水溶性食物繊維」が不足していると言われています。

水溶性食物繊維が含まれている食べ物の特徴はネバネバ・サラサラとしていることで、もずくやわかめといった海藻類、野菜ではおくらやモロヘイヤなどが挙げられます。

その中でも調理がしやすい、おくらを使ったレシピをご紹介します。


【おくらのガーリックバターソテー】

おくら

おくら…3パック
バター…約10g
チューブにんにく…小さじ½
醤油…大さじ1
黒胡椒…お好みで

おくらの産毛が気になる方は板ずりを行ってください。省いてもOKです。

① おくらのガクを取り除き縦半分にカットする。
② フライパンにバターを入れ火をつける。弱火で熱する。
③ バターが溶けてきたらにんにくを入れる。
④ にんにくの香りが立ってきたらおくらを投入する。
⑤ おくら全体にバターが行き渡るよう炒めたら、醤油を加える。
⑥ お皿に盛り付け、黒胡椒を引いてできあがり。

 

食物繊維たっぷりの「麻婆きのこ」

きのこ類には、不溶性食物繊維が豊富に含まれていることをご存知でしょうか。
きのこは火を通すことでかさが減りますから、食物繊維をたっぷり摂取することができますよ。

今回は数種類のきのこを使った、しっかりとした味付けのメニューをご紹介します。


【麻婆きのこ】

きのこ

豚ひき肉…100g

きのこ類…200〜300gほど
例)えのき1袋+エリンギ2本+しめじ½パック+生しいたけ2枚

ねぎ…10cm程度
チューブしょうが…3cmほど
チューブにんにく…3cmほど
豆板醤…小さじ1

A{  味噌…大さじ1
   砂糖…小さじ½
   中華スープの素…小さじ1
   水…½カップ

水溶き片栗粉…適量
ごま油…適量

① えのき・しめじは石づきを取り除き小房に分ける。
  しいたけは石づきを取り除いてから薄切りにする。
  エリンギを食べやすい大きさに切り分ける。
② ねぎをみじん切りにする。
③ フライパンにごま油を引き、しょうが・にんにく・豆板醤を入れてから火をつける。弱火で熱する。
④ ③の香りが立ってきたら豚ひき肉を入れ、色が変わるまで炒める。
⑤ きのこ類をまとめて投入し、Aを加えて煮立てる。
⑥ 一度火を止めて、水溶き片栗粉でとろみをつける。
⑦ 再び火をつけ、とろみが全体に馴染んだら完成。

楽しい食事のためには便秘薬も

おうちで晩酌を楽しむ際にも、スナック菓子などをおつまみにせず、食物繊維が摂取できるメニューを取り入れてみてくださいね。
一方で、楽しく食事をするために、便秘の不快感を解消したいという方もいらっしゃると思います。
中には、便秘による膨満感がひどいため、食事による便秘解消が難しいと感じる方も。

今すぐにでも便秘を解消したいという方には、お腹想いの便秘薬を使用することをおすすめします。

「昭和 便秘のおくすり」は、3つの生薬のみで構成された、おなかにやさしい無添加の便秘薬です。

便秘解消の流れ

便秘薬の効き方は、人によって異なります。

「昭和 便秘のおくすり」を初めて服用する方はまず、1包の半分から始めて、自分に合った使用量を見つけてみてくださいね。

便秘薬を使用して便秘の不快感を解消したあとは、便秘予防のため、食物繊維をたくさん摂取できるメニューを取り入れてみてください。
美味しい料理で、楽しく腸内改善を行いましょう。


昭和 便秘のおくすりは

フリーコール 0800-080-7871(土日祝日を除く9時~15時30分)

でもご相談に応じています。


昭和 便秘のおくすりは、医薬品です。
用法用量を守り、使用上の注意をよく読んでお使いください。