いつもの「おつまみ」de便秘解消!

乾杯するサラリーマン
2017.3.3

仕事終わりに居酒屋で一杯ひっかけて帰る、というサラリーマンの男性はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

一杯だけ、のつもりがついつい二杯、三杯…。 お酒が進むにつれて、おつまみにも手が伸びてしまいますよね。
お酒が進む食べ物といえば、焼き鳥や焼肉、唐揚げなど、味付けの濃いものばかり。
さらに「シメ」として、ラーメンなどの炭水化物を食べるということもあると思います。

中には、こうした偏った食生活が原因で、便秘がちになってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、いつもの居酒屋でも頼むことができるラインナップの中から、便秘解消を手助けしてくれるメニューをご紹介します。

 

食物繊維を含んだメニューで便秘を解消!

便秘解消には食物繊維が効果的、というお話をよく耳にするかと思います。

食物繊維は「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類に分けられ、どちらか一方だけを摂取したのでは、便秘解消の効果を十分に発揮できません。

2つの食物繊維にはそれぞれ、

・不溶性食物繊維:便のかさを増やし腸を刺激することで、蠕動(ぜんどう)運動を促す
・水溶性食物繊維:便をやわらかくして、腸内を移動しやすくする

といった働きがあります。

理想の摂取バランスは、不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1と言われています。

居酒屋によく置いてあるメニューの中にも、この2つの食物繊維を摂取できる食材があるんです。

 

おつまみの定番「枝豆」

s_pixta_23496982_XL

夏場のビアガーデンなどでは、ビールのおつまみと言ったらまず、枝豆が挙げられるのではないでしょうか。

実は枝豆は、不溶性食物繊維を豊富に含んでいるため、おいしいおつまみとしてだけではなく、便秘解消を助けてくれる食材のひとつ。

また、利尿作用のあるカリウムを多く含んでいるため、体内の水分量を調節し、むくみの解消にも一役買ってくれます。
さらには「メチオニン」というアミノ酸が、ビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促進してくれるため、お酒を飲む方にはもってこいの一品なのです。

 

「水溶性食物繊維」を含む食べ物は「ネバネバ」が特徴

s_pixta_7721473_XL

水溶性食物繊維を含む食材の特徴として、「ネバネバ」していることが挙げられます。

居酒屋の中で「ネバネバ」しているメニューといえば、

・里芋の田楽
・納豆オムレツ
・もずく酢

などが思い浮かびますよね。

素朴ながら、お酒の味を引き立たせてくれる一品といったところです。

こういったメニューを普段あまり注文しない、という方も、食物繊維のバランスを整えることを意識して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

女性に人気!「アボカドサラダ」

若返りや美肌に効果があるといわれているアボカド。

最近では居酒屋メニューとしてもよく見られるようになりましたね。

アボカドは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスがよく含有量も豊富で、便秘の予防・解消に優れた食材です。

また、アボカドといえば「森のバター」と呼ばれ、たくさんのビタミンやミネラルも含み世界一栄養価が高い果物としてギネスに認定されています。

アボカドに含まれる「オレイン酸」といわれる不飽和脂肪酸にはコレステロールを下げる効果があり、血液をサラサラにし動脈硬化の予防になります。

そして、摂りすぎた塩分を体外に排出する働きのある「カリウム」は抜群に多く、高血圧の予防、むくみ解消の効果も期待できます。

さらに、女性にうれしい美肌・老化防止に役立つビタミン類も豊富です。

美容にも健康にもとても良いアボカドですがカロリーは高めです。

摂り過ぎは肥満の原因になりかねませんので注意しましょう。

 

焼き鳥や唐揚げもいいけれど、便秘解消のためには「肉じゃが」

s_pixta_27648443_XL

これまで、比較的さっぱりとしたメニューをご紹介してまいりました。
そろそろ味付けの濃いものを食べたくなってくるかとは思いますが、便秘解消のためにもここはぐっと堪えて、肉じゃがを注文しましょう。

肉じゃがもまた、ビールや日本酒が進む料理でありながら、便秘解消にはうってつけの一品なんです。

じゃがいもは不溶性食物繊維を豊富に含んでいます。
また、じゃがいもには整腸作用のあるビタミンCも含まれています。
本来ならば熱に弱いビタミンCですが、じゃがいものでんぷんがビタミンCの流出を防いでくれます。

焼き鳥や唐揚げなどにも引けを取らない「肉じゃが」を、今晩のメインとしていかがでしょうか。

 

「パセリ」も忘れずに

また、居酒屋のメニューによく添えられている「パセリ」ですが、これを食べ残している方も多いのではないでしょうか。

パセリにも食物繊維は豊富に含まれていますから、口臭予防という意味でも摂取すると良いでしょう。

食事を楽しむためには便秘薬も

一方で、便秘の症状が重ければ重いほど、居酒屋で楽しみながら便秘解消、というのは難しいと思います。

便秘が解消されなければ、膨満感などにより食事を楽しめない、というケースです。

普段の食事を見直すことで便秘解消を目指すのはもちろんですが、自分に合った便秘薬を適切に使用することもまた、便秘に対しては効果的なアプローチです。

便秘薬を選ぶときのポイントは、「おなか想い」であること。

「昭和 便秘のおくすり」は、便秘薬による急な便意や腹痛が起きにくい、おなか想いの便秘薬です。

昭和の便秘薬

「昭和 便秘のおくすり」は、3つの生薬のみを使用した無添加の便秘薬です。

まずは少量から使い始めていただき、自分に合った服用量を見つけていただくことをおすすめいたします。

「昭和 便秘のおくすり」を飲んで便秘を解消し、思い切り食事を楽しみましょう!

「昭和 便秘のおくすり」は、医薬品です。 用法用量を守り、使用上の注意をよく読んでお使いください。