便秘解消!いますぐできる簡単レシピをご紹介! 後編

2017.1.20

「便秘解消のため継続できるレシピをご紹介!〜前編〜」では、
2つの食物繊維が摂取できる
【食物繊維と納豆菌で便秘を解消!韓国風ネバネバサラダ】のレシピをご紹介しました。

「便秘解消のため継続できるレシピをご紹介!〜中編〜」では
ヘルシーな「白和え」と、「おから」を使ったレシピ、
食物繊維がたっぷり含まれている「ごぼう」を丸ごと1本食べきれるレシピを
それぞれご紹介いたしました。

今回は便秘解消ではおなじみの、
「ヨーグルト」にひと工夫加えたレシピをご紹介いたします。

 

 乳酸菌の代表格「ヨーグルト」は飽きない工夫で毎日摂取


便秘解消に働きかけてくれる「乳酸菌」の代表といえば、ヨーグルト。

摂取した善玉菌は腸内にとどまり続けるわけではなく、1週間程度で体外に排出されてしまうことはご存知でしょうか。

ヨーグルトの効果はこちらでも詳しくご説明しています。
刺激性便秘薬との相性も◎!!ヨーグルトで便秘解消

便秘解消には「継続」が大切なキーワード。
しかし、いくら身体に良いとはいえ、飽きてしまうと続けることができませんよね。

朝のわずかな時間でも摂取できる手軽さ・おいしさが必要です。

 

水切りヨーグルトで新食感


%e6%b0%b4%e5%88%87%e3%82%8a%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88

とろりとした食感が特徴的なヨーグルト。
カップに入っているものをそのまま食べたり、ドリンクタイプのものを飲んでいるという方が多いのではないでしょうか。

手軽に摂取できることがヨーグルトの魅力ですが、毎日ともなるとその味に飽きてしまうということも…。
そんなときには「水切りヨーグルト」をお料理の中に取り入れることで、味や食感の違いを楽しみながら、乳酸菌を摂取することができますよ。


【水切りヨーグルト】

① ボウル、ザルの順に重ね、キッチンペーパーを敷く
② 市販のヨーグルトを流し込む
③ 数時間〜1晩置いておく

水切りヨーグルトはクリームチーズのような食感を楽しむことができます
そのままはもちろん、おしゃれなレシピにアレンジすることも可能です。


【水切りヨーグルトのカプレーゼ】

%e3%82%ab%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bc

水切りヨーグルト…適量
ミニトマト…6個
バジル…3枚(粉末の乾燥バジルでも可)
オリーブオイル…お好みの量
ブラックペッパー…適量

① 水切りヨーグルトをチーズに見立て、器にスプーン1杯程度ずつ盛り付けていく
② 半分に切ったミニトマトを、水切りヨーグルトの上に乗せる
③ バジルをちぎって散らす
④ オリーブオイル・ブラックペッパーをかける

おしゃれなレシピでモチベーションを上げて、便秘解消に取り組みましょう。

今すぐ解消したい!苦しい場合は便秘薬も


食事によって便秘解消するためには、毎日の継続が大切ですが、即効性という点では便秘薬に勝つことができません。

便秘の症状で苦しい、仕事にも支障が出てしまう、今すぐ便秘を解消したい!という方には便秘薬がおすすめです。

「でも、便秘薬っていつ効果が出るかわからないから、電車に乗るのが怖くって…」
と心配な方もいらっしゃることと思います。

仕事や家事に追われている中では、トイレのタイミングがとっても重要ですよね。

突然の腹痛など、「効きすぎる」ことが怖いあなたには、おなか想いの便秘薬、
「昭和 便秘のおくすり」を、用法容量に従って適量を飲むことがおすすめです。

「昭和 便秘のおくすり」に使われている3つの生薬は、すべて植物由来。
自然の力で便秘に働きかける、添加物を使用していないやさしい漢方です。

unspecified

ただし、妊娠中や授乳中の方は服用することができません。
便秘薬の成分であるセンナや大黄、アロエなどの成分は母体に影響を与えてしまうことも。

妊娠中の方・妊娠を望んでいる方は、便秘薬・下剤の使用を避けましょう。

また、授乳中の方も、便秘薬を使用することで、母乳に便秘薬の成分が入ってしまう可能性があります。
その場合、赤ちゃんに下痢などの症状が出てしまう恐れがあります。

妊娠・授乳中は、身体の変化や育児などでストレスを抱え込みやすくなっています。
便秘が原因でさらにストレスを感じている、便秘薬を使用して便秘を解消したい、という場合には、かかりつけの産婦人科に相談してみましょう。

 

便秘解消は1日にして成らず


便秘薬や下剤と違って、即効性のない食べ物で便秘を解消するためには
日々の「継続」が大切なキーワード。

1日だけ食物繊維を摂取しても、便秘解消にはつながりません。
また、便秘を解消するためのレシピは、便秘予防のレシピでもあります。

毎日でも食べたくなるようなおいしいレシピで、便秘を解消・予防しましょう!