便秘を解消したい時、どうすればいい?

便秘の解消方法
2016.7.13

便秘を解消したい時、様々な便秘解消方法があると思います。
その中で、便秘薬を服用することも多いかと思います。
便秘薬を正しく服用することで、正しい大腸のリズムを作ることも一つの方法です。

便秘薬を正しく飲みましょう

便秘薬で便秘を解消便秘薬は、正しく飲めば便秘改善に役立つおくすりです。
しかし、誤った方法で飲んでお腹を下してしまったり、
薬が効かなくなってしまったり、という話もよく聞きます。
誤った飲み方をして不快な症状が出てしまい、便秘薬を避けるようになってしまうのは、もったいないと思います。

便秘薬は正しく服用して、すっきり解消して頂きたいと思います。

便秘薬を服用する量

便秘薬の服用便秘薬の正しい飲み方はまず、用法・用量を守ることです。
早く効いてほしいからと言ってたくさん飲んでしまったら、腹痛などの原因になってしまいます。

また、飲み始める時は少なめの量から始めることも大切です。
便秘薬の効き方には個人差があることをご存知でしょうか?
便秘の程度によって、便秘薬の効く量や時間が違います。
少ない量でもすっきり効く人もいれば、なかなか効かない人もいます。
それを自分で把握するためにも、初めは少なめの量から始めましょう。

一番してはいけない飲み方

便秘薬をあまり飲みたくない方の中には、
一回飲んで数日間我慢する→また一回飲んで数日間我慢する
という飲み方を繰り返してしまっている方がいるようです。

この薬の飲み方だと薬の量は減るように見えますが、
一回の服用量は増えてしまう可能性があります。
腸が動くリズムが崩れ、腸が疲れ切ってしまうので、こういった飲み方は避けて頂ければと思います。

便秘薬と上手に付き合う 少量の薬で最大の効果を得るためには、
薬の効果が出る時間と、自然な腸の動きのタイミングを合わせることが大切です。
生活改善と合わせて、毎日のリズムを作ることを心掛けましょう。

便秘薬を恐れてしまうより、薬と上手に付き合う、
と考えてみてください。
便秘は早めに対処して、一回の服用量が少なく済むようにしましょう。

昭和便秘のおくすりで便秘をすっきり解消

わたしたちが開発した「昭和便秘のおくすり」は、
便秘をすっきり解消しつつも、おなか想いの便秘薬です。

昭和便秘のおくすりには、
大黄(ダイオウ)、生姜(ショウキョウ)、芍薬(シャクヤク)という3つの生薬が入っています。
この3つのうちの大黄に、便秘を解消する効果があります。
大黄は腸を刺激するおくすりです。

しかし大黄にも欠点があり、腸を冷やし、緊張させてしまうのです。
それをカバーするのが生姜と芍薬です。

生姜が体を温めることは有名だと思いますが、体の表面だけではなく内臓も温めます。
これで大黄により冷えた腸を温めます。

緊張した腸は芍薬がリラックスさせてくれます。
これにより、便秘薬を服用したときに起きがちな腹痛を防ぐのです。

また、先ほど服用量について解説いたしましたが、
昭和便秘のおくすりを初めて服用される場合は、一包の半分の量から初めて頂きたいと思います。
少なめの量から始めて、ご自身に合った量を探していきましょう。

便秘薬を普段から飲んでいるベテランの方は、一包から始められてもいいかもしれません。
ただし、一日二包まで服用することはできますが、一度に二包飲むことはおすすめできません。
一包目を服用したら、少なくとも4時間以上開けて服用しましょう。

便秘解消法でお悩みの方や便秘を解消したい方で、
便秘薬を使おうと思っている方は、正しく飲むことから始めていただきたいと思います。
便秘がある程度よくなってきたら、生活改善も平行して行いすっきりと便秘を解消していきましょう。

薬剤師 木全