便秘を解消したい方に最も大切にして欲しいこと

便秘解消
2016.7.13

これまで便秘解消法をたくさん紹介してまいりました。 今回はまとめとして、便秘を解消したい方に最も大切にして欲しいことについてお話ししたいと思います。

便秘は無理なく解消しましょう

便秘を無理なく解消便秘になると辛いですね。
お腹は張って苦しいですし、常にお腹が重く、嫌な感じになります。

しかし、一刻も早く解消したいからと言って、無理な方法を取ることはおすすめできません。
便秘になった原因はいろいろあると思いますが、
その原因を改善しないことには、便秘の根本的な改善にはつながりません。

食生活が乱れている方は、まずは食生活の改善を。
運動不足の方は、毎日少しずつでいいので運動の習慣を。
できることからでいいので、健康的な生活を送ることを心がけていれば、
便秘の改善につながっていくのではないでしょうか。
生活習慣を改善してもなかなか改善しない頑固な便秘の方には、
便秘薬を使って頂くことがおすすめです。
まずは便秘薬で排便のリズムを整えてから、
生活習慣を見直して便秘にならないように予防していきましょう。

便秘薬に抵抗がある方へ

便秘薬で便秘をすっきり解消「便秘を解消するために薬を使うのは、どうも気が進まない。」
とお考えの方がいらっしゃると思います。
便秘薬に怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃいますね。
また、「便秘薬に頼る程ひどくない!」と思い、何とか自力で出そうと日々頑張っているのに
なかなか排便できず、便秘解消方法にお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そういう方には、一度立ち止まって考えてみて欲しいのです。
便秘薬を使うことより、便秘の状態を放置しておくことの方が、体への負担は大きいはずです。

「薬で無理やり出す」というイメージから
「薬のサポートも利用する」というイメージに、発想を転換してみてはいかがでしょうか。
便秘に悩み続けるよりも、便秘薬を上手に使って健康的な排便のリズムを取り戻し、毎日快適に過ごして頂ければと思います。

便秘薬との上手な付き合い方

便秘薬と上手に付き合う便秘薬は正しく服用して頂ければ、便秘解消のお手伝いをしてくれるはずです。
しかし、正しい使い方をしないと、様々なトラブルが起きる可能性もあります。
是非便秘薬の正しい使い方を知り、上手に付き合って頂きたいと思います。

便秘薬を服用する時間と量

便秘薬の効き方には個人差があります。
半量で効く方がいる一方で、用量いっぱいに飲んでやっと効く方もいます。
ですから、便秘薬を服用する際には自分の適量を知ることが大切なのです。

飲み始める際には、少ない量から飲み始め、徐々に増やしていくようにしましょう。
「効かないからたくさん飲んでみよう!」はおすすめできません。
用法・用量を守って服用するようにしましょう。

また、便秘薬は空腹時に飲むことがおすすめです。
便秘薬が効果を発揮するまでに6時間前後かかります。
ですから、朝のお通じが欲しい場合には、就寝前に服用して頂くことがおすすめです。

ただし、効果を発揮する時間にも個人差がありますので、これも自分で把握しておきましょう。

一番してはいけない飲み方

便秘薬は正しく服用薬の飲む量を増やしたくないあまり、
便秘薬を飲む→数日我慢する→また便秘薬を飲む
というパターンを繰り返してしまう方がいますが、
この飲み方ではかえって、便秘薬の量を増やすことになりかねません。
また、大腸の動くリズムが崩れてしまうので、大腸が疲れてしまいます。

薬の効果が出る時間と腸が動き出すタイミングを合わせることが出来れば、
少ない薬の量で最大の効果が発揮できます。
薬が効くまでの時間を把握し、腸が活動を始める朝に効き始めるように、
うまく調整して飲んで頂ければと思います。

昭和便秘のおくすりで便秘を解消しましょう

便秘の改善には生活習慣の改善が必要不可欠です。
しかし、いきなりあれもこれもでは続かなくなってしまうので、できることから行って頂ければと思います。

それでも改善しない場合には、便秘薬の力を借りてみてはいかがでしょうか。
便秘薬は正しく使えば、あなたの便秘解消に大いに役立ってくれるはずです。

便秘薬を試してみよう、という方には「昭和便秘のおくすり」をおすすめいたします。
主成分である大黄に、芍薬と生姜が加わった、おなか想いの便秘薬です。

添加物を入れず、天然の素材にこだわった「昭和便秘のおくすり」。
「昭和便秘のおくすり」と生活の改善で、無理なく便秘を解消していただければと思います。

薬剤師 木全