知ってほしい!赤ちゃんの正しい便秘解消法

2017.7.5

新生児や赤ちゃんの便秘の原因を知ろう

Pregnant_illust_001

新生児や赤ちゃんの便秘の原因は食事であることが多いです。
特に母乳の量や質によるところが大きいと言われています。
一般的に母乳で育った赤ちゃんの便はやわらかく、ミルクを併用している場合は便が硬めになります。母乳のみで育てている赤ちゃんの方が便秘になりにくいようです。
ミルクは容器の残量などから食事の量を把握しやすいですが、母乳はどれくらい摂っているのか分かりにくいため調節が難しいところでもありますね。

 

新生児や赤ちゃんの正しい便秘解消法

sy_160505_使用予定_06

食事で解消する方法

便が出にくい理由として赤ちゃんの水分不足が考えられます。
汗をかいたら、白湯や麦茶などで水分補給を欠かさないようにしましょう。
ミルクの量を増やして補う方法もあります。
ミルクが冷めてしまっている時は手間を惜しまず温め直しましょう。腸が未発達な赤ちゃんに冷めたミルクを飲ませてしまうと、お腹の調子を悪くしてしまう原因になります。

 

外からの刺激で解消する方法

・「の」の字マッサージ
赤ちゃんのおへそを中心に手のひらで時計周りに「の」の字を書くようにマッサージする方法は効果的です。お風呂に入ってリラックスさせると、腸の緊張が和らいで働きがよくなるので風呂上りにマッサージするのが良いでしょう。力を入れずに、優しくマッサージしてあげましょう。

・足のストレッチマッサージ
赤ちゃんの足を持って股関節周りをゆっくりと動かしてあげましょう。足を動かすと腸に刺激が伝わるので便秘解消に繋がります。おむつを替える時に、ついでに足を動かしてあげるとよいでしょう。
これ以外にも「赤ちゃん体操」で検索するとたくさん出てきますので参考にするとよいでしょう。

・綿棒で肛門周りを刺激する
便が出なくて苦しそうな時は、ベビーオイルやオリーブオイルを含ませた綿棒で肛門周りを刺激する方法が効果的です。ただしあまり頻繁に行うと癖になり、刺激がないと排便できなくなってしまうこともありますから、様子を見ながら行うことをおすすめします。

新生児や赤ちゃんの便秘解消で知ってほしいこと

pixta_13176115_re
新生児や赤ちゃんの便秘は大人の便秘とは原因や対処法が異なります。
新生児や赤ちゃんは、腸内環境が整うまでは便の量や回数が安定しにくいものです。
便が出ていない時期があっても、赤ちゃんがむずがったり不機嫌になったりしていなければ心配ないこともあります。
お子さまが便秘かもしれないと思っても慌てずに対処し、それでも解消されずお困りの時は小児科や産婦人科を受診しましょう。

新生児や赤ちゃんは便秘薬を飲んでもいいの?

市販されている便秘薬に多い大腸を刺激する成分は、体のできあがっていない赤ちゃんには効き目が強すぎます。新生児や赤ちゃんには、市販薬は服用させないようにしてくださいね。

 

薬剤師 木全