知ってると役立つ!浣腸剤!

2017.6.12

 

浣腸剤とは


drug_illust_007

そもそも浣腸剤とは何のことを指しているのでしょうか?

浣腸剤は、肛門に挿入して直腸に直接液体状の薬を注入します。肛門や直腸を経由して液体を注入する医療行為は、すべて浣腸と呼ばれます。

直接挿入するという薬の性質上、口から服用する薬よりも、効くまでのスピードが速いので、今すぐ便秘を解消したい方が使用する傾向にあります。
お薬を口から服用できない赤ちゃんや高齢の方などにも使用される場合があります。

浣腸剤は便が非常にゆるくなるので、短い期間に何度も使わないようにしましょう。

浣腸剤の使い方


最初に「用法・用量」は必ず守りましょう。人によって必要な分量は違うので、子供用と大人用を間違えないように気をつけてください。

浣腸剤は、身体に入れた時に違和感を感じる方もいらっしゃいますので、事前に人肌になるまで温めておくと、なじみやすくなります。

お子様に使う場合は、特に温度に敏感なので注意して下さい。準備ができたら、キャップを外して、肛門に挿入します。
このとき、挿入が難しい場合は、オリーブオイルなどを浣腸剤の先端に塗りましょう。目印の線のところまで容器の先端を挿入したら、容器をゆっくり押しつぶして薬を注入します。

挿入後は、ティッシュなどで液が漏れないように抑えながら5分ほど我慢します。その後、トイレで排便しましょう。

薬は必要に合わせて選択しましょう


便秘を解消

浣腸剤でも便秘を解消できすが、 体質によってはお腹が痛くなってしまうことがあります。

ですので、便秘の初期症状の方や、お腹が弱い自覚がある方に浣腸剤はあまりおすすめできません。

便秘の解消にはまず、生活習慣を見直すことが大前提です。
起床、就寝、食事の時間がずれていると感じている方は、それらを改善するだけでも効果があります。

しかし現代の忙しい生活の中で、それらを改善することが難しい方が多いのもまた事実です。そこで、浣腸に抵抗がある方には飲み薬タイプの便秘薬を使うことがおすすめです。
ご紹介する「昭和便秘のおくすり」は、天然由来の生薬のみ配合した便秘薬です。
一般的な便秘薬には錠剤タイプのものが多いですが、
粉薬(細粒)タイプとすることで、添加物無添加を実現したおなか想いの便秘薬です。

「昭和便秘のおくすり」は医薬品です。
用法・用量を守り、使用上の注意をよく読んで服用してください。

 

薬剤師 木全