【運動】自宅でできる便秘解消に効果的なヨガポーズ

2016.7.15

 

便秘解消だけでなく、ダイエットや健康志向のために人気のヨガ。

ヨガの発祥は今より遠い昔、インダス文明の時代に生まれたといわれています。 日本でも健康やダイエットという目的のために、 ヨガをしている方は増加しています。

その中には、 便秘解消に最適といわれているヨガポーズもあったりします。
どんなヨガポーズが便秘解消に役立つのかを見ていきましょう。

ヨガってなんだろう?


ヨガのポーズヨガの話をする前に、ヨガとは何なのかを知りましょう。

ヨガというのは、正しく呼ぶのであればヨーガと呼ばれます。 ヨガの語源はインドの古い言語であるサンスクリット語で、 「yuj」(ユジュ)といいます。

意味としては、結ぶ、制することを指します。

そういったことから、 ヨガは心を制し、体と魂を神や宇宙に結び付けるための修行として生まれました。

また、ヨガには様々な流派があり、
・心理コントロールを目的とした「ラジャヨガ」
・倫理観の精神を養うことを目的とした「カルマヨガ」
などがあります。

また、世間一般で主流となっている「ハタヨガ」は、 体と心を一つにすることを目的としています。

便秘に効果的なヨガポーズ

 

便秘に効果的なヨガポーズは、 腸に刺激を与えたり、腸付近のインナーマッスルを鍛えるものです。

今回は、腰上げのポーズをご紹介します。
まずは仰向けになった状態で、膝を立てて下さい。

次に、手と足の力で腰を持ち上げます。
可能であれば、手の力より腰の力に頼った方が腸に負担がかかるので効果的です。

腰を浮かせた状態で、 さらに肩を使って背中を浮かせると効果的ですが、 慣れないうちは崩れ落ちてケガの原因になるので、
最初の内は腰だけを持ち上げて、慣れてきたら試すようにしてください。

最後に、3分程度持ち上げて(初心者の方は疲れたら)、 ゆっくりと体を膝立ちの状態に戻します。
このとき、一気に体を落とすと筋肉を傷めることがあるので、 いきなり脱力しないように、あまり無理をしないようにしましょう。

ヨガでも解消できないときは?


便を押し出す、腸のぜん動運動が衰えている時には、 ヨガの運動が便秘に効果的といえます。
しかし、人によって便秘の原因は様々なので、 ヨガだけでは運動不足になってしまったり、 生活習慣によって便秘が解消されない場合もあります。

ヨガでも便秘が解消できない場合は、他の解決方法を探すことをおすすめします。 今回は、選択肢の一つとして便秘薬をご紹介します。

昭和便秘のおくすり」なら、 錠剤ではなく、粉薬(細粒)タイプとすることで、余計な添加物は入っていません。
添加物が気になる方、健康志向の方にもお使いいただけます。 また、主成分には天然由来の生薬をからだに必要な分だけ配合している、おなか想いの便秘薬です。

 

ヨガによって様々な効果を得ながらも、 困ったときには便秘薬に頼ってみることで、 悩んでいた便秘がすぐに解消されるかもしれません。

薬剤師 木全