「便秘専門」 【薬剤師】が教えます。便秘解消に有効な 腹筋運動。

2016.7.14

 

腹筋で得られる事とは?


便秘の解消に腹筋運動が効果的な理由としては以下のようなものがあります。

・腹筋運動によって、便を出そうとする腸の動きが活発化する
・腹筋が鍛えられることでいきみやすくなる
・運動することで自律神経が整い、正常なぜん動運動を促す

便秘は原因ごとにいくつかの種類に分かれており、日本人に最も多いのは筋力不足が原因の一つとなる便秘です。

排便時は、大腸から便を押し出すために腹筋を使います。
この腹筋が弱っていると、便を押し出すには力が足りず便秘になりやすくなるのです。

腹筋運動を行うと、排便に必要な筋肉が鍛えられます。
それだけでなく腸周りの筋肉が鍛えられ、大腸の動きの活発化につながります。
また、運動することで腸の働きをつかさどる自律神経が整うので、便を押し出すぜん動運動が正常に行われるようになります。

デスクワークで普段運動の機会がない方など、便秘の原因に心当たりのある方は腹筋運動を試してみましょう。

 

腹筋運動のコツは?

 

便秘解消に効果的な腹筋運動とは?

 

①まずは仰向けになって寝てください。脚を閉じ、手は頭の後ろで組みます。

②へそが見えるまで頭を起こし、10秒キープします。 反動は付けず、ゆっくりと持ち上げるようなイメージです。 この時に腹筋を意識してください。鍛える部分を意識するとよりピンポイントに力が入り、効率が良くなります。

③ゆっくりと元の姿勢に戻ります。 

これを一日 10 回ほど行ってください。 毎日決めた時間に行うなど習慣にしていくとより効果的です。

腹筋運動で気を付けることは?


運動不足を解消して便秘も解消。腹筋運動で誤解されがちなのが、激しい運動をすれば早く効果が出るということです。
生活リズムを整えていくことが便秘解消につながりますから、無理のない範囲で毎日行う方が効果的です。

筋肉痛になってしまうほどのきつい回数を一度に行ったり、夜のリラックスするべき時間帯に目が冴えてしまうような無理な腹筋運動は、便秘解消にはあまり効果的ではありません。

また、妊娠中の方や体力面から腹筋運動が難しいという方は、無理に行わないようにしましょう。

腹筋で治らない便秘は、便秘薬のサポートで解決


便秘薬と上手に付き合う腹筋運動をはじめとした適度な運動は、便秘解消に効果的といわれています。
ランニングなどを適宜組み合わせて行う方が、より効果が期待できます。

しかし、その量の運動が毎日簡単にできるならば、そもそも多くの人が便秘に悩まされるようなことにはなっていませんね。
現代人のライフスタイルでは、運動という手段のみで便秘を解消するのは難しいのかもしれません。
運動で解消されない便秘にお悩みの方は、便秘薬を服用するのも手段の一つです。

ここで「昭和便秘のおくすり」についてご紹介します。

「昭和便秘のおくすり」は大腸の動きを活発にする「大黄」、内臓を温める「生姜」、大腸の 緊張をほぐす「芍薬」からできています。
3つの生薬を主成分としており、凝固剤などが不要の粉薬(細粒)のため添加物無添加です。

便秘薬に抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、便秘が長く続くことによるストレスや不快感も体にはよくありません。

腹筋運動と「昭和便秘のおくすり」を組み合わせて便秘の解消を目指しましょう。

薬剤師 木全