【食事】便秘解消に役立つ食べ物は?

便秘解消に役立つ食べ物
2016.7.11

便秘解消方法として、食事の内容を見直す事はとても大切な事です。

食事の内容を改善することは、便秘改善に大いに役立ちます。
悩んでいる方の中には、脂っこいものを好んで食べていたり
野菜が嫌いであまり食べない方がいらっしゃいます。
そういう方は食事を見直すだけでも、お通じが来やすくなるのではないでしょうか。

今回は便秘に効く食べ物をご紹介いたします。

便秘解消に有名な食物繊維

便秘の解消に役立つ食べ物として、食物繊維を含む食べ物が有名ですね。
食物繊維には2種類あることをご存知でしょうか。
それぞれの特徴をご紹介いたします。

水溶性食物繊維を含む食べ物

水溶性食物繊維が豊富な海藻。「水溶性食物繊維」はその名の通り、水に溶ける食物繊維です。
食物の水分を吸収して、ゼリーのような状態にする働きがあります。
この働きのおかげで、人体に悪い影響を与える物質を吸収し、便として排出してくれるのです。
また、便に水分を含ませて、便を柔らかくする働きもあります。

水溶性食物繊維は、腸内環境を整える善玉菌のエサになることもできるので、
まさに便秘解消にぴったりの栄養素だと言えます。
水溶性食物繊維は、海藻類やこんにゃく、果物に多く含まれています。

不溶性食物繊維を含む食べ物

不溶性食物繊維が豊富なごぼう食物繊維には水溶性食物繊維のほかに、「不溶性食物繊維」があります。

不溶性食物繊維は水に溶けず、水分を吸収して膨らみます。
イメージとしては、水を吸収して膨らむワカメのようなものです。
不溶性食物繊維は、便のかさを増やし、腸壁を刺激してぜん動運動を活発にする働きがあります。

不溶性食物繊維は、イモ類、穀類、豆類などに多く含まれます。
これらの食品は、食べる量が少なくてもお腹が膨らむ感じがありますよね。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は1:2の割合で摂って頂くのが理想だと言われています。
バランスよく摂取して、便秘を解消しましょう。

腸内環境を整える善玉菌

便秘の方は、腸内環境が悪化して、悪玉菌が増えている状態です。
悪玉菌が増えるとますます便秘の解消が難しくなっていき、悪循環に陥ってしまいます。

反対に善玉菌を増やし、腸内環境を良くすると、便秘解消につながっていきます。
根本的な便秘解消法として、善玉菌を増やす食品を食べ、腸内環境の改善をして頂ければと思います。

ここでは善玉菌を増やす食べ物についてご紹介いたします。

善玉菌をたくさん含む食べ物

善玉菌がたくさん含まれている食べ物には、
「ビフィズス菌」「乳酸菌」を多く含んでいるものが挙げられます。

ヨーグルト ビフィズス菌は、ヨーグルトにたくさん含まれています。
ビフィズス菌には様々な種類がありますし、人間の腸内環境も人によって違いますので、
自分に合ったヨーグルトを探してみてほしいと思います。

 

悪玉菌を殺す働きがある納豆乳酸菌は、漬物や味噌などの発酵食品に多く含まれています。
発酵食品の中でも特に、納豆に含まれる納豆菌には、悪玉菌を殺す働きもありますし、
納豆菌自身が善玉菌に変化する働きもあります。
納豆は善玉菌を増やす優秀な食材です。

もともと腸内にある善玉菌を増やすためには、善玉菌のエサになる食べ物を摂って頂くこともおすすめです。
善玉菌のエサになるのは、「オリゴ糖」「グルコン酸」を多く含む食べ物です。

オリゴ糖も食物繊維も豊富なバナナ。オリゴ糖をたくさん含む食べ物としては、タマネギやゴボウ、豆類、バナナがあります。
オリゴ糖は、豆類の中でも特に大豆に多く含まれているので、納豆や豆腐などで手軽に摂れますね。

グルコン酸は、はちみつに豊富に含まれています。
はちみつにはオリゴ糖も含まれていますので、こちらも便秘解消の強力な味方になってくれると思います。

お勧めの便秘の解消方法

食べ物に気を付けることで便秘の症状が緩和されることがあります。
今まであまり食事に気を使ってこなかった方は、これを機に食事の内容も見直してみてはいかがでしょうか。

食事の内容を改善しても、慢性的な便秘の場合、便秘の解消が難しい場合もあるかと思います。
そこで、「昭和便秘のおくすり」を使って、まずは溜まっている便を排出することをお勧めいたします。
昭和便秘のおくすりは、医薬品添加物が無添加で、便秘解消に効果的な成分を必要な量だけ配合。
おなか想いの便秘薬なのです。

食事にも気を付けつつ、それでもどうしても便秘が改善されない場合には、
一時的に便秘薬の力を借りて、便秘を解消して頂ければと思います。

薬剤師 木全