これで便秘解消!腸内の善玉菌を増やす食事をしよう

善玉菌を増やす食事
2017.3.13

便秘解消法として、食事の内容を見直すことも大切です。
そこでおすすめなのが、善玉菌を増やす食事をすることです。

善玉菌を増やし腸内環境を整えることにより、便秘の解消につながります。
逆に、悪玉菌が増えてしまうと腸内環境が悪化し、便秘もますますひどくなっていってしまいます。
その結果、肌トラブルの発生や免疫力の低下、新陳代謝が悪くなったり、、、と、体にとって悪い事ばかり起こってしまいます。
腸内環境が悪くなることは、体の様々なトラブルを引き起こす原因になるのです。

そうならないためにも、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えたいですね。
しかし、善玉菌を増やすためにはどのような食事を摂ったらいいかご存知ですか?
今回は善玉菌を増やす食事についてご紹介いたします。

 

バランスの良い食事で善玉菌を増やそう

偏った食事をしていると、腸内の悪玉菌が増えてしまいます。
例えば、脂っこいものばかりを食べていたり、野菜よりも肉ばかり食べていたりすると、途端に腸内環境は悪化してしまいます。
そうならないためにも、バランスの良い食事を心がけたいですね。

善玉菌を増やすための食材を以下に挙げていきます。

 

善玉菌を豊富に含む食材を食べよう

善玉菌の例として、「ビフィズス菌」や「乳酸菌」があげられます。

ビフィズス菌が含まれているものは、ヨーグルトが有名です。
ところで、「腸内フローラ」という言葉をご存知でしょうか。
「腸内フローラ」という名称の由来ですが、私たちの腸には600兆個を超す腸内細菌がいるといわれています。

600兆という数、想像もつかないですね。これらの腸内細菌が群れを作って、腸の壁面に住んでいます。顕微鏡で腸内をのぞいたときに見られるこの光景が、まるで「お花畑(Flora)」にみえることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

この腸内フローラを構成している菌は、人によって全く異なります。つまり、腸内環境も人によって違うのです。

話が前後しますが、人によって腸内環境が違うということは、ビフィズス菌の中にも合う菌と合わない菌があるということなのです。また、ビフィズス菌といっても様々な種類があります。
ヨーグルトと言っても、メーカーによって含まれている菌は異なりますから、いろいろ食べ比べてみて、自分に合ったヨーグルトを見つけていただくと良いと思います。

ビフィズス菌が豊富なヨーグルト








乳酸菌を多く含む食材は、ヨーグルトの他にぬか漬けやキムチなどの漬物類、味噌が挙げられます。

発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。
また、善玉菌を増やす食べ物としては納豆もおすすめです。納豆菌には悪玉菌を殺す作用があり、しかも納豆菌自身が善玉菌になります。
納豆は善玉菌を増やすために、非常に優秀な食材です。

納豆菌が善玉菌を増やす。

 

善玉菌のエサになる食材を食べよう

善玉菌を外から増やすだけではなく、もともと腸内にある善玉菌を増やすのも一つの方法です。
そのためには善玉菌のエサになる食材を摂ることが必要です。
善玉菌のエサになるのは「オリゴ糖」や「グルコン酸」を含む食材です。

オリゴ糖は、身近な食材にもたくさん含まれています。
野菜でしたら、タマネギやゴボウ。
豆類にも豊富に含まれていますが、特に大豆に多く含まれているので、納豆や豆腐を食べるのがおすすめです。
バナナには、オリゴ糖も食物繊維も豊富に含まれているので、これも善玉菌を増やすためには優秀な食材です。

オリゴ糖も食物繊維も豊富なバナナ。






グルコン酸を多く含むものとしては、はちみつがおすすめです。はちみつには、オリゴ糖も含まれています。
トーストしたパンやホットケーキに、バターを塗ってはちみつをかけてもおいしいですよね。また、プレーンヨーグルトにバナナを入れて、はちみつをかけて食べるのもとてもおすすめです。
普段の料理の時に使う砂糖を、はちみつで代用してみてはいかがでしょうか。

※ はちみつは、1歳未満のお子様には食べさせないでください。

グルコン酸もオリゴ糖も豊富なはちみつ。

 

悪玉菌を外に排出する食材を食べよう

悪玉菌を外に排出することも、腸内環境を整えるためには大切な事です。
実は、便秘解消に有名な食物繊維には、悪玉菌を外に排出する効果もあります。
また、善玉菌を増やす効果もあるので、こちらも優秀な食材なのです。

食物繊維が豊富に含まれているのは、野菜だけではありません。
穀物や芋類、海藻にもたくさん含まれているので、積極的に食べるようにしましょう。

食物繊維が豊富な海藻。

食事で善玉菌を増やして、便秘を解消。

善玉菌を増やす食材は特別なものではなく、身近なものばかりですね。
なかなか料理をする時間がとれない方でも、納豆やヨーグルト、バナナなどは手軽に食べられるのでおすすめです。
毎日少しずつでいいので、便秘に効く食べ物を摂るようにし、便秘を解消していきましょう。

それでもどうしても便秘が解消できず、便秘解消方法にお悩みの方は、便秘薬を飲んでみるのも一つの方法です。
まずは溜まった便を出して、食事の内容を改善しながら便秘を予防するのはいかがでしょうか。

昭和製薬では、からだ想いの便秘薬として「昭和 便秘のおくすり」を開発いたしました。
この便秘薬をお使いいただき、便秘解消のお手伝いができればと思います。

「昭和 便秘のおくすり」は
フリーコール 0800-080-7871(土日祝日を除く9時~16時)
でもご相談に応じています。
「昭和 便秘のおくすり」は、医薬品です。
用法・用量を守り、使用上の注意をよく読んでお使いください。

 

薬剤師 木全