医原性便秘とは

2016.12.12

医原性便秘とは、外科手術後の便秘と薬による便秘

pixta_26243024_syouwa

医原性便秘とは、医療を受けた事が原因で起こってしまった便秘のことです。
そして医原性便秘には、外科手術後になる便秘と薬による便秘の2種類があります。

外科手術後の便秘

腹部に外科手術を受けた後に便秘が起きる場合があります。
便秘の原因によっては緊急に対応しなければならない場合もありますが、
病院側で把握してくれています。

繊細になる時期でもあり、些細なことで心配になる時もありますよね。
そういった場合は、すぐに相談しましょう。

薬による便秘

医原性便秘に「薬による便秘」があります。

便秘の症状が出る可能性のある薬は沢山あります。
数え上げればきりがないほどです。

例えば、
・咳止め
・胃潰瘍治療薬
・抗パーキンソン剤
・降圧剤
・抗うつ剤
・前立腺肥大症治療薬
・検査薬の一部

でも、飲んでいる薬が原因で便秘になっているとは
なかなか気付きにくいものですよね。
まさか医師に処方された薬で便秘になるなんて夢にも思っていないからです。
でも、これ、けっこうあるのです。

ひょっとして薬が原因かなと思ったら、お医者さんに聞いてみましょう

医師から処方してもらった薬が原因で便秘になってしまった場合は、
処方してもらった医師に相談して医師の指示のもと、
対処することが望ましいでしょう。
また、そのお薬を調剤された薬剤師に相談するのも解決の1つになります。

ドラッグストアで買える身近な薬のなかにも便秘の原因になるものがあります。
例えば咳止めです。

市販の薬が原因で便秘になってしまった場合はその薬を止めれば解決します。
そもそも市販の薬を基本的には、長く飲み続けることはありませんから、
ゆくゆくは服用しなくなります。
それでも心配になることもあると思いますので、薬剤師に相談しましょう。

まとめ

外科手術後に便秘になってしまったら、
外科手術による便秘の可能性があるので、医師に相談しましょう。

ひょっとして薬が原因かなと感じたら、気軽に医師又は薬剤師に相談しましょう。

飲んでいる薬が原因でない場合は

生活習慣、食生活、ストレス等が原因で便秘になります。
まず原因を取り除くことが大切です。

でもそれは難しい事です。
ましてやすぐには効果が表れません。
そんな時は便秘薬で解決するのも一つです。

ここで「昭和便秘のおくすり」を紹介します。
「昭和便秘のおくすり」は3種類の生薬から出来た便秘薬です。
更に添加物無添加天然成分100%で出来ています。
一度お試しになってはいかがでしょうか。

「昭和便秘のおくすり」は医薬品です。
用法用量を守り、使用上の注意をよく読んでお使いください。

昭和便秘のおくすりに関するお問い合わせは
フリーダイヤル0800-080-7871まで。
快便薬の「昭和便秘のおくすり」で、便秘に悩まない7871と覚えてください。

あなたが現在飲んでいらっしゃるお薬と、
「便秘のおくすり」の飲み合わせについては
上記電話番号からでもご相談していただくことが可能です。

「こんな薬を飲んでいるのだけど…」といったお悩みの方は
一度お問い合わせください。