便秘の種類その3「慢性便秘」

2016.7.7

便秘の種類その3「慢性便秘」


慢性便秘とは?

便秘の種類の表

便秘というと体の不調としてはありふれたものですから、長く続いてもさほど気にしない方もいらっしゃるかもしれません。

解消されず数ヶ月~半年ほど経った便秘は、慢性便秘と呼んで区別します。
中には頑固な便秘が10年以上続くという方もいらっしゃいます。

もちろん、何ヶ月も便が全く出ないという意味ではありません。
数日以上便が出ない、残便感がある、といった便秘の症状が断続的に続くということです。
これなら当てはまる方も多いのではないでしょうか?

便秘が長く続いた場合、どんな症状があるのでしょう。
便秘の原因別に解説していきます。

慢性便秘の原因①腸の機能の低下

体調不良の女性

慢性便秘の原因の一つは、腸の機能が低下することです。
偏った食生活やストレス、運動不足などの生活習慣から大腸や直腸が正常な働きをしなくなり、便が出にくくなります。

便は大腸に長くとどまると余計に水分を吸収され、カチコチに硬くなります。
硬くなった便はさらに排出しにくくなりますから、便秘は慢性化するとやや手強くなります。

慢性的な便秘になると、以下のような症状が日常的に起こります。

・肌荒れ
・お腹の張り
・食欲不振
・体臭や口臭
・不眠
・発熱

どれも緊急の治療が必要な症状ではありませんが、このような状態が続いていると身体的にも精神的にも辛いものです。
症状が重く苦しいという方はただの便秘とあなどらず、できるだけ早く解消を目指しましょう。

慢性便秘の原因②病気

体調不良の女性

注意が必要なのは、病気が原因で慢性的な便秘になっている場合です。
例えば、ポリープなどが腸の幅を細くしてしまっていることが原因で便が出にくくなっている可能性があります。

このような場合、便秘の症状の他に、以下のような症状が表れることがあります。

・細い便が少しだけしか出ない
・便に血や粘液が交じっていることが多い
・腹部に痛みや違和感がある
・発熱がある
・生活習慣を変えても便秘が改善されない

病気が原因の便秘は、病院で治療しなければ解消できません。
以前から便秘の症状の他にも不調があるという方は、すみやかに内科や消化器科を受診してください。

慢性便秘の解消法は?

医師と便秘の女性

病気が原因でない慢性便秘の解消法としては、まずは生活習慣の改善、それでも症状が改善されない場合は便秘薬を併用するのがおすすめです。

便秘薬の服用をお考えの方に、「昭和便秘のおくすり」を紹介します。

「昭和便秘のおくすり」の主成分は、「大黄」「生姜」「芍薬」の3つの生薬です。
突然の腹痛などでからだに負担がかかりにくいように、便秘の解消に効果的な成分を適切な量だけ配合することにこだわった、おなか想いの便秘薬です。

頑固な便秘にお悩みの方は、自分には効かないからといって便秘薬の量を増やし、酷い腹痛に襲われてしまったことはありませんか?

「昭和便秘のおくすり」は、
便秘の程度に合わせて飲む量を細かく変えられる粉薬(細粒)です。
まずは少量から効き目を確かめて、頑固な便秘にお悩みの方は必要に応じて量を調節していきましょう。

ただし、便秘の原因や症状によって適した便秘薬は変わってきます。
すでに治療を受けている方は、医師に相談してください。

生活習慣の改善と「昭和便秘のおくすり」を組み合わせてみてはいかがでしょうか。