便秘になりやすい人の特徴

2017.5.8

便秘になる原因として、体質や生活習慣が関係していることも多いです。
今回は、便秘になりやすい人の特徴をまとめました。

 

1女性

diet_illust_001

女性は一般的に、男性よりも便秘になりやすいと言われています。女性特有の理由としては主に、女性ホルモンの働きが関係していることと、男性と比べて筋力が少ないことがあげられます。

ここでいう女性ホルモンとは、「黄体ホルモン」のことです。黄体ホルモンは月経前や月経中に、妊娠しやすい状態にし、妊娠後は妊娠を継続して胎児を守る働きをします。そのため水分や塩分を体内にとどめたり、子宮の収縮を抑える作用があります。このことが大腸の動きにも影響をあたえ、便秘を引き起こします。

このため、妊娠中や月経がはじまる前後の女性は便秘がちになるのです。

もう一つの理由として、筋力が少ないことがあげられますが、筋力が少ないことによって、その分いきむ力が弱くなることから便秘になりやすいということなのです。

 

2高齢である


高齢になるにつれて、腸の働きが弱くなったり、神経が鈍くなり便意を感じにくくなる方が増えていきます。

また、食事の量や摂取するカロリーが減ることで便秘になることもあります。

他にも、加齢に伴う腸内細菌の変化も便秘の原因として考えられています。

若い頃は便秘をしたことのない方でも、加齢により便秘になる方が多くみられます。

 

3生活リズムが不規則

pain_illust_001

生活リズムが不規則な人は、やはり便秘になりやすいです。

「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、体にとっても早寝早起きの生活リズムはとても大切です。なぜなら、以前の記事にもあるように、人が排泄するのに最も適した時間帯は、午前中だからです。お仕事などで早寝早起きの生活が難しい方は仕方がないのですが、できるだけ早寝早起きの生活を送りたいものですね。

また、排泄に適した時間帯は午前中なのですが、朝食を摂らなければ腸も動き出しません。ですから、朝食は必ず摂ってくださいね。起床時に、コップ1杯のお水を飲むことも併せておすすめします。

そして、便意を催したら我慢せずにトイレに行きましょう。便意を催しているのにトイレに行くことを我慢していると、繰り返すうちに段々、便意を感じにくくなってしまいます。そうすると便秘になりますよね。ですから便意を感じていなくても、朝食後にトイレに行く習慣をつけましょう。

 

4食物繊維が不足している


食物繊維不足は、便秘に大きく影響します。例えばお肉中心の食事やコンビニや外食が多い場合、食物繊維が不足して便秘になりやすくなります。中にはもちろん、外食のときにも栄養バランスを考えた食事を摂っている人はいらっしゃいますが、そういう人は便秘になりにくいと考えられます。

外食や飲み会の頻度が高くお肉中心の生活になってしまう方は、男女問わず、食物繊維が不足しがちです。またアルコールの過剰摂取により、睡眠に影響を与えることも便秘に関係します。

 

5ストレス


ストレスを感じることが多いことも、便秘の原因になります。適度なストレスは問題ないのですが、強いストレスが続くと、便秘になりやすいと言えます。ストレスにより自律神経が乱れると、自律神経と密接に関係している腸も影響を受けます。

強いストレスが腸へ影響する理由には、自律神経が関係しています。「腸は第2の脳」と言われるように、腸は脳と同じように自律神経の働きによりコントロールされています。強いストレスがかかると交感神経が常に優位に働き、大腸の働きを抑えるため、ぜん動運動が弱まることで便秘になりやすいのです。

 

6運動不足

 

犬の散歩

便を排出するためには、腸のぜん動運動が重要です。

習慣として適度な運動を取り入れている人は、運動をしない人に比べて疲れのとれ方や睡眠の質が違います。

これは運動によって、血流を促し自律神経を活発に働かせることができているためです。この生活習慣と自律神経の活動は腸にとって重要で、便秘の予防・改善に大きく影響します。

また、運動することで普段から自分の体調を把握でき、体の不調に気づきやすくなります。

 

7偏った食事内容

和食で便秘解消

満遍なく栄養を摂取するためには野菜を摂ることが欠かせません。野菜には便通をよくするために必要な食物繊維を含むものが数多くあるため、栄養バランスに配慮した食事を摂っている人は便秘になりにくいです。

また、コーヒーや酒類よりも水を摂っている人も便秘になりにくいと言われています。

カフェインの利尿作用で腸内の水分までも排出してしまいます。アルコールも過剰に摂取すると便秘を悪化させる可能性があります。

便秘の予防に水分補給は欠かせないものですが、水やお茶などを意識して飲むのが効果的です。

feeling_illust00

便秘になったら、便秘薬の服用も選択肢に入れましょう

 

便秘薬と上手に付き合う

便秘を予防・改善したい場合、生活習慣や食生活を改善していくことはとても重要です。

しかし、これまでの生活を変化させていくことは簡単なことではありません。

食事ひとつとっても、健康に配慮したものを毎食分用意するのは時間も手間もかかります。

便秘はいくつかの要因が重なって引き起こされていることも多いため、生活習慣の改善だけでは解消されない場合もあります。

一時的な便秘でお困りの方は「昭和 便秘のおくすり」をお試しください。

「昭和便秘のおくすり」は「大黄」「生姜」「芍薬」の3つの生薬のみを成分とした便秘薬です。

大黄は便秘薬の代表的な成分のひとつであり、大腸の働きを活発にします。生姜には体を温める効果が、芍薬にはリラックスさせる効果があります。おなかのことを考えた設計です。

生活習慣の改善と「昭和便秘のおくすり」のサポートを組み合わせて、賢く便秘の解消を目指しましょう。

薬剤師 木全