腹痛を回避!適正な便秘薬の服用量とは?

2016.7.11

便秘の薬を飲んで、強い腹痛に襲われたことはありませんか?
そのせいで「便秘薬はからだに良くない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、すべての便秘薬が、どんな人にでも腹痛を起こすというわけではありません。
なぜ便秘の薬で腹痛が起こるのか、解説します。

 

大腸が動きすぎている

 

便秘薬の中には、大腸の動きを活発にすることで便秘を解消するものがあります。

大腸の中にすでに硬い便が詰まっている場合、大腸が収縮しにくく、便秘薬を飲むことでこ
れを無理やり動かす形になります。このような場合は腹痛が起きてしまいます。また、幼い
子どもが服用すると、効き目が強すぎる場合があります。

便秘の中には、大腸が働きすぎてけいれんを起こし、便が出にくくなっているケースもあり
ます。この場合は、便秘薬でさらに大腸を刺激すると過剰に動いてしまい、腹痛を起こして
しまいます。

肛門に近い直腸にのみ問題があり、大腸の機能は正常であるケースの便秘もあります。そのような方が大腸の動きを活発にする便秘薬を飲むとやはり腹痛が起き、下痢を起こしてし
まうことがあります。

便秘薬が効きすぎると、下痢になりやすくなります。本来は大腸で水分が吸収されて、便の
形を成してから体外に出ていくものですから、排便があったとしても水っぽい便が出てく
るのは良い状態とは言えません。

pain_illust_000

用法・用量を超えて服用している

 

便秘薬は、非常に強力な成分を高頻度で摂取するなど極端なことをしない限り、重大な副作用は起こらないようつくられています。

しかし、例えば便秘薬を飲み慣れていない方がいきなり用法・用量を守らずに飲んだりする
のは良くありません。このような飲み方は、腹痛に加え吐き気や胃痛を引き起こす可能性が
あります。

便秘薬の効能を正しく発揮させるには、用法・用量を守って服用していただくことが大切で
す。

 

まとめ

 

・大腸が動きすぎている
・用法・用量を超えて服用している

便秘薬による腹痛は、このような理由から起こるものでした。

便秘薬の効きすぎが怖いという方へ、参考までに「昭和便秘のおくすり」についてお伝えし
ます。

「昭和便秘のおくすり」の場合、「大黄」という成分が大腸の動きを活発にして便秘の解消
を促します。大黄がはたらくと腸が冷えがちになり、緊張してしまうのですが、「生姜」と
「芍薬」という成分がこれをフォローします。

「昭和便秘のおくすり」の原材料はこの3つだけ。余分な材料を使用しない粉のままの薬で
すから、添加物無添加です。便秘の解消に必要な成分だけを必要な量だけ配合した、便秘の方のことを考えた便秘薬になっています。

便秘薬による強い腹痛に悩まされた経験のある方は、「昭和便秘のおくすり」を試してみて
はいかがでしょうか?

 

薬剤師 木全